Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > コマンド リファレンス

EmEditor コマンド リファレンス: [編集] カテゴリ

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - コマンド リファレンス

[編集] カテゴリ

コマンド名

説明

元に戻す

直前の操作を元に戻します。

やり直し

直前の操作をやり直します。

切り取り

選択範囲を切り取ってクリップボードに保存します。

行カット

選択行または現在行を切り取ってクリップボードに保存します。

選択範囲を切り取り

選択範囲を切り取ってクリップボードに保存します。

列の切り取り

選択列または現在列を切り取ってクリップボードに保存します。

コピー

選択範囲をコピーしてクリップボードに保存します。

引用付きコピー

選択範囲を引用マークを付けてコピーしてクリップボードに保存します。

コピーして選択解除

選択範囲をコピーしてクリップボードに保存して選択を解除します。

引用付きコピーして選択解除

選択範囲を引用マークを付けてクリップボードに保存して選択を解除します。

行コピー

選択行または現在行をクリップボードにコピーします。

選択範囲をコピー

選択範囲をコピーしてクリップボードに保存します。

列のコピー

選択列または現在列をクリップボードにコピーします。

リンクをコピー

カーソル位置のハイパーリンクをクリップボードにコピーします。

貼り付け

クリップボードの内容を貼り付けます。

システム既定エンコードで貼り付け

システム既定エンコードで貼り付けます。

引用付き貼り付け

クリップボードの内容に引用マークを付けて貼り付けます。

改行付き貼り付け

クリップボードの内容に改行を付けて貼り付けます。

引用と改行付き貼り付け

クリップボードの内容に引用マークと改行を付けて貼り付けます。

クリップボード リングの回転

クリップボードの履歴の中から内容を貼り付けます。

削除した文字列を復元

以前削除した文字列をカーソル位置に復元します。

削除

選択範囲またはカーソル上の文字を 1 文字削除します。

左を1文字削除

選択範囲またはカーソルの左を 1 文字削除します。

完全に削除

選択範囲を完全に削除します。

行削除

選択行または現在行を削除します。

行右削除

1 行のカーソルから右を削除します。

行左削除

1 行のカーソルから左を削除します。

単語の削除

カーソル位置の単語を削除します。

単語右削除

単語のカーソルから右を削除します。

単語左削除

単語のカーソルから左を削除します。

列の削除

選択列または現在列を削除します。

行末の空白を削除

全テキストの行末の空白を削除します。

1文字右へ

1 文字右へ移動します。

1文字左へ

1 文字左へ移動します。

1単語右へ

1 単語右へ移動します。

1単語左へ

1 単語左へ移動します。

行頭へ

行頭へ移動します。

行頭またはテキスト開始へ

行頭またはテキスト開始位置へ移動します。

論理行の行頭へ

論理行の行頭へ移動します。

論理行の行頭またはテキスト開始へ

論理行の行頭またはテキスト開始位置へ移動します。

行末へ

行末へ移動します。

論理行の行末へ

論理行の行末へ移動します。

対応するかっこへ

対応するかっこへ移動します。

対応するタグへ

対応するタグへ移動します。

ウィンドウの左へ

カーソルをウィンドウの左端へ移動します。

ウィンドウの右へ

カーソルをウィンドウの右端へ移動します。

タブ挿入/インデント

選択されていなければタブを挿入し、選択されていれば行インデントを増やします。

タブの左移動/逆インデント

選択されていなければタブの左移動を行い、選択されていれば行インデントを少なくします。

1行上へ

1 行上へ移動します。

1行下へ

1 行下へ移動します。

1ページ上へ

1 ページ上へ移動します。

1ページ下へ

1 ページ下へ移動します。

文頭へ

文頭へ移動します。

文末へ

文末へ移動します。

前の論理行

前の論理行へ移動します。

次の論理行

次の論理行へ移動します。

ウィンドウの上へ

カーソルをウィンドウの一番上へ移動します。

ウィンドウの下へ

カーソルをウィンドウの一番下へ移動します。

固定箱型選択モード

固定箱型選択モードに切り替えます。

行の最初を選択

現在選択されている範囲の行の最初のみを選択します。

行の最後を選択

現在選択されている範囲の行の最後のみを選択します。

選択開始位置と終了位置を切り替える

選択開始位置と終了位置を切り替えます。

垂直選択

カーソル位置 (または、ルーラー上のポイントされた位置) に、垂直選択を挿入します。

すべて選択

ファイル全体を選択します。

文字選択を開始

文字選択を開始します。

行選択を開始

行選択を開始します。

論理行選択を開始

論理行選択を開始します。

箱型選択を開始

箱型選択を開始します。

単語選択を開始

カーソル位置の単語を選択します。

選択範囲を1文字右へ

選択範囲を 1 文字右へ移動します。

選択範囲を1文字左へ

選択範囲を 1 文字左へ移動します。

選択範囲を1単語右へ

選択範囲を 1 単語右へ移動します。

選択範囲を1単語左へ

選択範囲を 1 単語左へ移動します。

選択範囲を1行上へ

選択範囲を 1 行上へ移動します。

選択範囲を1行下へ

選択範囲を 1 行下へ移動します。

選択範囲を1ページ上へ

選択範囲を 1 ページ上へ移動します。

選択範囲を1ページ下へ

選択範囲を 1 ページ下へ移動します。

選択範囲を行頭へ

選択範囲を行頭へ移動します。

選択範囲を行頭またはテキスト開始へ

選択範囲を行頭またはテキスト開始位置へ移動します。

選択範囲を論理行の行頭へ

選択範囲を論理行の行頭へ移動します。

選択範囲を論理行の行頭またはテキスト開始へ

選択範囲を論理行の行頭またはテキスト開始位置へ移動します。

選択範囲を行末へ

選択範囲を行末へ移動します。

選択範囲を論理行の行末へ

選択範囲を論理行の行末へ移動します。

選択範囲を文頭へ

選択範囲を文頭へ移動します。

選択範囲を文末へ

選択範囲を文末へ移動します。

選択範囲を対応するかっこへ

選択範囲を対応するかっこへ移動します。

選択範囲を対応するタグへ

選択範囲を対応するタグへ移動します。

選択のキャンセル

選択状態をキャンセルします。

改行を挿入

選択範囲の各行の折り返し位置に改行を挿入します。

改行を削除

選択範囲の各行の折り返し位置の改行を削除します。

行の分割

改行を挿入して最後のスペースを削除することにより行を分割します。

行の結合

各行の改行を削除して行の最後にスペースを挿入することにより行を結合します。

大文字に変換

選択範囲を大文字に変換します。

小文字に変換

選択範囲を小文字に変換します。

単語の最初の文字を大文字に変換

選択範囲の単語の最初の文字を大文字に変換

半角に変換

選択範囲を半角に変換します。

全角に変換

選択範囲を全角に変換します。

選択範囲の空白をタブに変換

選択範囲の空白をタブに変換します。

選択範囲のタブを空白に変換

選択範囲のタブを空白に変換します。

インデント

選択範囲の行インデントを増やします。

逆インデント

選択範囲の行インデントを少なくします。

コメント挿入

選択範囲または現在行をコメントにします。

コメント削除

選択範囲または現在行のコメント記号を削除します。

再変換

再変換対応の IME を使って確定文字列の再変換を行います。

HTML/XML文字参照をUnicodeに変換

選択テキストをHTML/XML文字参照からUnicodeに変換します。

UnicodeをHTML/XML数値文字参照に変換

選択テキストをUnicodeからHTML/XML数値文字参照に変換します。

UnicodeをHTML文字実体参照に変換

選択テキストをUnicodeからHTML文字実体参照に変換します。

Universal Character NamesをUnicodeに変換

選択テキストをUniversal Character NamesからUnicodeに変換します。

UnicodeをUniversal Character Namesに変換

選択テキストをUnicodeからUniversal Character Namesに変換します。

パーセント エンコーディングをUnicodeに変換(現在のエンコード)

選択テキストを現在のエンコードを用いてパーセント エンコーディングからUnicodeにデコードします。

Unicodeをパーセント エンコーディングに変換(現在のエンコード)

選択テキストを現在のエンコードを用いてパーセント エンコーディングにデコードします。

パーセント エンコーディングをUnicodeに変換(UTF-8)

選択テキストをUTF-8を用いてパーセント エンコーディングからUnicodeにデコードします。

Unicodeをパーセント エンコーディングに変換(UTF-8)

選択テキストをUTF-8を用いてパーセント エンコーディングにデコードします。

Base64をプレーン テキストに変換(現在のエンコード)

選択テキストを現在のエンコードを用いて Base64 エンコーディングからプレーン テキストにデコードします。

プレーン テキストをBase64に変換(現在のエンコード)

選択テキストを現在のエンコードを用いて Base64 エンコーディングにデコードします。

Base64をプレーン テキストに変換(UTF-8)

テキストをUTF-8を用いて Base64 エンコーディングからプレーン テキストにデコードします。

プレーン テキストをBase64に変換(UTF-8)

選択テキストをUTF-8を用いて Base64 エンコーディングにデコードします。

Base64をバイナリ ファイルに変換

選択テキストを Base64 エンコーディングからバイナリ ファイルにデコードします。

バイナリ ファイルをBase64に変換

バイナリ ファイルを Base64 エンコーディングにデコードします。

時刻と日付

現在の時刻と日付を挿入します。

日付と時刻

現在の日付と時刻を挿入します。

低アクセントを挿入

a, e, i, o, u, A, E, I, O, U, `, "を続けて低アクセント付文字を挿入します。

鋭アクセントを挿入

a, d, e, i, o, u, y, A, D, E, I, O, U, Y, ', "を続けて鋭アクセント付文字を挿入します。

曲折アクセントを挿入

a, e, i, o, u, A, E, I, O, U を続けて曲折アクセント付文字を挿入します。

ティルデを挿入

a, n, o, A, N, O を続けてティルデ付文字を挿入します。

ウムラウトを挿入

a, e, i, o, u, y, A, E, I, O, U, Y を続けてウムラウト付文字を挿入します。

輪を挿入

a, A, スペースを続けて輪付文字を挿入します。

合字を挿入

a, o, s, A, O を続けて合字を挿入します。

セディーユを挿入

c, C を続けてセディーユ付文字を挿入します。

斜線を挿入

o, O, c を続けて斜線付文字を挿入します。

キャロンを挿入

a, i, o, u, A, I, O, U を続けてキャロン付文字を挿入します。

マクロンを挿入

文字を続けてマクロン付文字を挿入します。

逆立ち疑問符を挿入

逆立ち疑問符を挿入します。

逆立ち感嘆符を挿入

逆立ち感嘆符を挿入します。

コピーライトを挿入

コピーライトを挿入します。

登録商標を挿入

登録商標を挿入します。

商標を挿入

商標を挿入します。

ユーロを挿入

ユーロを挿入します。

特殊文字を入力

特殊文字を入力します。

上に行挿入

カーソル位置の上に行を挿入します。

下に行挿入

カーソル位置の下に行を挿入します。

行の2重化

カーソルのある論理行全体を 2 重化します。

CRのみ挿入

カーソル位置に CR のみを挿入します。

LFのみ挿入

カーソル位置に LF のみを挿入します。

CR+LFを挿入

カーソル位置に CR と LF を挿入します。

Tabを挿入

カーソル位置にTabを挿入します。

挿入/上書

挿入/上書モードを切り替えます。

1行上へ移動

選択行または現在の行を上へ1行移動します。

1行下へ移動

選択行または現在の行を下へ1行移動します。

番号

カーソル位置または箱型選択位置に番号を挿入します。

半角/全角変換

詳細を設定して半角/全角変換します。

文書全体の空白をタブに変換

文書全体の空白をタブに変換します。

文書全体のタブを空白に変換

文書全体のタブを空白に変換します。

重複行の削除

選択範囲または文書全体から重複行を削除します。

重複行の削除(高度)

ダイアログ ボックスを表示して設定を指定し、選択範囲または文書全体から重複行を削除します。

最後に編集した位置へ移動

カーソルを最後に編集した位置へ移動します。

タグ ジャンプ

タグ ジャンプを行います。

戻る

カーソルを以前の位置に移動します。

進む

カーソルを次の位置に移動します。

リンクを開く

カーソル位置のハイパーリンクを開きます。

表示済みリンクの履歴をクリア

表示済みURL、メール アドレス、タグの履歴をクリアします。

ジャンプ

指定行へジャンプします。

IMEを開く

IME オン/オフを切り替えます。

書き換え禁止

ファイルの保存の有効/無効を切り替えます。

次へジャンプ

アウトプット バーの次の場所にジャンプします。

前へジャンプ

アウトプット バーの前の場所にジャンプします。

マーカーへ追加

選択されたテキストをマーカー一覧に追加します。

マーカーに追加/削除

マーカー一覧に選択テキストを追加するか、マーカー一覧から選択テキストを削除します。

選択テキストまたはカーソル位置の単語でフィルター

現在の文書を選択テキストまたはカーソル位置の単語でフィルターを設定します。

選択テキストまたはカーソル位置の単語でフィルター除外

現在の文書を選択テキストまたはカーソル位置の単語でフィルターを否定で設定します。

ブックマークを設定/解除

現在行のブックマークのオン/オフを切り替えます。

ブックマークを設定

現在行にブックマークを設定します。

ブックマークを解除

現在行のブックマークを解除します。

この文書の次のブックマーク

この文書の次のブックマークに移動します。

この文書の前のブックマーク

この文書の前のブックマークに移動します。

この文書のブックマークをクリア

この文書のすべてのブックマークをクリアします。

この文書のブックマークを反転

この文書のすべてのブックマークを反転します。

この文書のブックマークされた行を切り取り

この文書のすべてのブックマークされた行を切り取ります。

この文書のブックマークされた行をコピー

この文書のすべてのブックマークされた行をコピーします。

この文書のブックマークされた行を削除

この文書のすべてのブックマークされた行を削除します。

この文書のブックマークされた行を抽出して新規作成

この文書のすべてのブックマークされた行を抽出して新規ファイルにコピーします。

この文書のブックマークされた行を選択

この文書のすべてのブックマークされた行を選択します。

このグループの次のブックマーク

このグループのすべての文書で次のブックマークへ移動します。

このグループの前のブックマーク

このグループのすべての文書で前のブックマークへ移動します。

このグループのブックマークをクリア

このグループのすべてのブックマークをクリアします。

このグループのブックマークを反転

このグループのすべてのブックマークを反転します。

このグループのブックマークされた行を削除

このグループのすべてのブックマークされた行を削除します。

このグループのブックマークされた行を抽出して新規作成

このグループのすべてのブックマークされた行を抽出して新規ファイルにコピーします。

アウトラインを展開/縮小

アウトライン表示時、現在行の展開/縮小を切り替えます。

アウトラインを縮小

アウトライン表示時、現在行を縮小します。

アウトラインを展開

アウトライン表示時、現在行を展開します。

アウトラインをすべて縮小

アウトライン表示時、文書全体を縮小して表示します。

レベル2 - 16

アウトライン表示時、文書全体を縮小または展開してレベル 2 - 16 まで表示します。

アウトラインをすべて展開

アウトライン表示時、文書全体を展開して表示します。

アウトライン バーとアウトライン ガイドを同期する

アウトライン バーとアウトライン ガイドの展開、縮小状態を同期します。

次のノードへ

アウトライン表示時、次のノードへ移動します。

前のノードへ

アウトライン表示時、前のノードへ移動します。

選択範囲を次のノードへ

アウトライン表示時、選択範囲を次のノードへ移動します。

選択範囲を前のノードへ

アウトライン表示時、選択範囲を前のノードへ移動します。

クリップボード リングの回転

クリップボードの履歴の中から内容を貼り付けます。

通常モード

CSV (カンマ区切り) と TSV (タブ区切り) モードをクリアにします。

CSVモード

CSV (カンマ区切り) モードを選択します。

TSVモード

TSV (タブ区切り) モードを選択します。

DSVモード

DSV (ユーザー定義区切り) モードを選択します。

CSV (複数項目)

文書を指定するCSVとして表示します (複数項目)。

CSVモード (ポップアップ メニュー)

ポップアップ メニューを表示して、CSV モードを選択します。

セル選択モード

CSV文書でセル選択モードのオン/オフを切り替えます。

セル編集

CSV文書の現在のセルを編集します。

次のCSVに変換 (複数項目)

現在のCSV文書または固定幅列文書を指定するCSV文書に変換します (複数項目)。

CSVコンバーター

CSVコンバーターの表示/非表示を切り替えます。

列/セパレーター (ポップアップ メニュー)

ポップアップ メニューを表示して、列またはセパレーターに関する作業を行います。

固定幅列に変換

現在のセパレーター位置を使用して現在のCSV文書を固定幅列に変換します。

不要な2重引用符を削除

CSV文書の不要な2重引用符を削除します。

CSVの埋め込み改行コードを削除

CSV文書の埋め込み改行コードを削除します。

すべてのセルを引用符で囲む

CSV 文書のすべてのセルを2重引用符で囲みます。

区切り位置を調節

CSV文書にある全ての区切り位置を調節します。

区切り位置を調節 (表示されている行のみ)

CSV文書の表示されている行のみの区切り位置を調節します。

CSV列を選択 (ヘディング無し)

CSV文書で現在の列をヘディング無しで箱型選択モードで選択します。

CSV列を選択 (ヘディング付き)

CSV文書で現在の列をヘディング付きで箱型選択モードで選択します。

セルを選択

CSV文書で現在のセルを選択します。

左に列を挿入

CSV文書の現在列の左側に新規列を挿入します。

右に列を挿入

CSV文書の現在列の右側に新規列を挿入します。

列を追加

CSV文書の最終列の右側に新規列を挿入します。

次のセル

CSV文書で次のセルにジャンプします。

前のセル

CSV文書で前のセルにジャンプします。

自動的にセパレーターを追加

ノーマル モード時、固定幅列への変換の準備のため、セパレーターを自動的に検出して追加します。

セパレーターを追加/削除

ノーマル モード時、固定幅列への変換の準備のため、カーソル位置 (または、ルーラー上のポイントされた位置) に、セパレーターを追加または削除します。

すべてのセパレーターを削除

ノーマル モード時、すべてのセパレーターを削除します。

AからZへ並べ替え

現在の列のテキストを昇順で並べ替えます。

ZからAへ並べ替え

現在の列のテキストを降順で並べ替えます。

小さい値から大きい値へ並べ替え

現在の列の数値を昇順で並べ替えます。

大きい値から小さい値へ並べ替え

現在の列の数値を降順で並べ替えます。

短い文字列から長い文字列へ並べ替え

現在の列の文字列を長さで昇順で並べ替えます。

長い文字列から短い文字列へ並べ替え

現在の列の文字列を長さで降順で並べ替えます。

単語が少ないから多いへ並べ替え

現在の列の文字列を単語数で昇順で並べ替えます。

単語が多いから少ないへ並べ替え

現在の列の文字列を単語数の降順で並べ替えます。

日時が古いから新しいへ並べ替え

現在の列の日時を昇順で並べ替えます。

日時が新しいから古いへ並べ替え

現在の列の日時を降順で並べ替えます。

複数列で並べ替え

文書を複数列で並べ替えます。

CSVの結合

2個のCSV文書を結合します。

列を抽出

現在のCSV文書から指定する列を抽出します。

部分編集の設定/解除

選択範囲のみを編集可能な領域として設定または解除します。

部分編集の設定

選択範囲のみを編集可能な領域として設定します。

部分編集の解除

文書全体を編集可能にします。

ヘディングの設定/解除

選択範囲のみを編集可能な領域として設定または解除します。

ヘディングの設定

選択範囲のみを編集可能な領域として設定します。

ヘディングの解除

文書全体を編集可能にします。

ヘディング 1

最初の1行を非スクロール領域のヘディングとして設定します。

ヘディング 2

最初の2行を非スクロール領域のヘディングとして設定します。

ヘディング 3

最初の3行を非スクロール領域のヘディングとして設定します。

ヘディング 4

最初の4行を非スクロール領域のヘディングとして設定します。

ヘディングは書き換え禁止

ヘディングを書き換え禁止にするかどうかの設定を切り替えます。

ヘディング (ポップアップ メニュー)

ポップアップ メニューを表示して、ヘディングを設定します。

スペル チェック

文書のスペル チェックを行います。

引用マークで始まる行のスペル チェック

引用マークで始まる行のスペル チェックを行います。

1重引用符で囲まれた文字列のスペル チェック

1重引用符で囲まれた文字列のスペル チェックを行います。

2重引用符で囲まれた文字列のスペル チェック

2重引用符で囲まれた文字列のスペル チェックを行います。

コメントのスペル チェック

コメントのスペル チェックを行います。

スクリプトのスペル チェック

スクリプトのスペル チェックを行います。

タグのスペル チェック

タグのスペル チェックを行います。

強調文字列のスペル チェック

強調文字列のスペル チェックを行います。

ハイパーリンクのスペル チェック

ハイパーリンクのスペル チェックを行います。

残りの文書のスペル チェック

残りの文書のスペル チェックを行います。

すべてのスペル チェック

文書全体のスペル チェックを行います。

前のスペル ミス

この文書内で前のスペル ミスにジャンプします。

次のスペル ミス

この文書内で次のスペル ミスにジャンプします。

スペル チェックの提案

正しいスペル チェック用にこの提案を選択します (複数項目)。

辞書

スペル チェックにこの辞書を選択します (複数項目)。

クリップボード フォーマットをテキストに固定

クリップボード フォーマットを常にテキストのみにします (トレイ アイコンのみに存在するコマンド)。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.