Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > ダイアログ ボックス

EmEditor ダイアログ ボックス: [高度] ダイアログ ボックス

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス

[高度] ダイアログ ボックス

このダイアログ ボックスは、[検索] ダイアログ ボックス[置換] ダイアログ ボックス[ファイルから検索] ダイアログ ボックス、または [ファイルから置換] ダイアログ ボックス[高度] ボタンをクリックすると表示されます。ここで 高度なオプションを指定することができます。

[CSVの埋め込み改行コードのみを検索する] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV文書の埋め込み改行コードのみに一致します。

[CRとLFを区別する] チェック ボックス

これがチェックされていると、CRとLFを区別します。ファイルから検索、ファイルから置換の場合、このオプションにかかわらず、正規表現を使用するがチェックされていれば、CRとLFは常に区別されます。

[正規表現「.」が改行文字に一致することができる] チェック ボックス

正規表現で文字列を検索する際、任意の文字に一致するメタ文字「.」が改行文字に一致することができるかどうかを指定します。正規表現「\s」は、[正規表現で検索する追加行数] テキスト ボックスに 1 以上の値が指定されていれば、このチェックに関係なく一致します。ただし、[ファイルから検索] コマンドの場合を除き、実際に一致できる改行の数は、[正規表現で検索する追加行数] テキスト ボックスで指定する数に依存します。

次のオプションは、[検索] ダイアログ ボックス、[置換] ダイアログ ボックスのみで表示されます。

[正規表現で検索する追加行数] テキスト ボックス

[検索] コマンド、および [置換] コマンドによる置換で、正規表現で文字列を検索する際、追加する行数を指定します。EmEditor では、検索する際、正規表現の関数に引数として 1 行ずつ文字列を渡して検索しています。ただし、検索する文字列に \n が含まれている場合は、その含まれている \n の数 + 1 の行数を正規表現の関数に引数として渡しています。しかし、この方法だと、例えば、正規表現で <td>.*?</td> を検索したい場合に、本来は、<td> と </td> の間に改行を含むどのような文字が含まれていても検索できるはずなのに、実際には改行が含まれていると検索することができません。そこで、[正規表現が改行文字に一致することができる] チェック ボックスをチェックし、このテキスト ボックスに 1 以上の数字を設定すると、そこで設定した数の改行が含まれていても検索できるようになります。[ファイルから検索] コマンドでは、ここでの設定にかかわらず、ファイル内のすべての文字列が検索の対象になります。

次のオプションは、[ファイルから検索] ダイアログ ボックス、[ファイルから置換] ダイアログ ボックスのみで表示されます。

[次のファイルまたはフォルダを無視する] チェック ボックス

これがチェックされていると、[無視するファイルまたはフォルダ] テキスト ボックスに指定する名前のファイルまたはフォルダからの検索または置換を行いません。

[無視するファイルまたはフォルダ] テキスト ボックス

検索または置換を行わないファイルまたはフォルダの名前を指定します。複数の名前を指定するには、セミコロン「;」で区切ります。

[バイナリ ファイルを無視する] チェック ボックス

これがチェックされていると、バイナリ ファイル (UTF-16 でないのに NULL 文字を含むファイル) からの検索を行いません。

[結果に無視されたファイルを表示する] チェック ボックス

これがチェックされていると、[無視するファイルまたはフォルダ] テキスト ボックスまたは [バイナリ ファイルを無視する] チェック ボックスがチェックされている場合、無視されたファイルを表示しません。

[指定したフォルダが存在しない場合にダイアログを表示する] チェック ボックス

検索前に、[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスに指定したフォルダが存在するかどうかを確認して、存在しない場合には、ダイアログ ボックスを表示して検索をキャンセルできるようにします。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.