Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > ダイアログ ボックス > [複数文書をファイルに結合] ウィザード

EmEditor ダイアログ ボックス: [元の文書と保存先ファイル] ページ

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [複数文書をファイルに結合] ウィザード

[元の文書と保存先ファイル] ページ

このページでは、元の文書を選択したり、保存先のファイル名を指定することができます。

結合する文書

開いている文書の一覧が表示されます。この中から、結合したい文書を選択します。

[ブックマークが設定された行のみ] チェック ボックス

これをチェックすると、ブックマークが設定された行のみ保存します。

[最初の文書を除きすべての文書から最初の行を削除する] チェック ボックス

これをチェックすると、最初の文書を除きすべての文書から最初の行を削除します。

[Unicode文字をシステム既定エンコード保存で警告] チェック ボックス

これがチェックされていると、Unicode、Unicode big endian、あるいは UTF-8 以外のエンコードで保存する時、システム既定エンコードに変換できない文字が含まれる場合に、警告メッセージを表示します。

保存先ファイル

保存先のファイル名を指定します。

[エンコード] ドロップダウン リスト ボックス

保存時のエンコードを指定します。

[改行コード] ドロップダウン リスト ボックス

文書を保存時に使用する改行コードの種類を指定します。[変換無し] を指定すると、文書で使用している改行コードをそのまま使用します。[CR+LF (Windows)] を指定すると、文書中の改行コードをすべて CR と LF の組み合わせに変換します。同様に、[CRのみ (Macintosh)] または [LFのみ (UNIX)] を指定すると、文書中の改行コードをすべて、それぞれ、CR または LFに変換します。通常、Windows では、改行コードに CR と LF の組み合わせを使用します。Macintosh では、CRのみを使用し、UNIX では、LFのみを使用します。

Copyright © 2003-2020 by Emurasoft, Inc.