Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [カスタマイズ] ダイアログ ボックス

[CSV] タブ

[CSV] タブでは、CSVに関する設定を行います。

[CSVフォーマット] リスト ボックス

定義された CSV フォーマットの一覧が表示されています。ファイルを開く際に CSV として検出するには、さらに、設定のプロパティの [ファイル] タブに、[検出するCSV] リスト ボックスで、検出したい CSV をチェックしておく必要があります。検出の際の優先順位は、ここで指定した順番になります。

[追加] ボタン

一覧に新しい項目を追加します。

[削除] ボタン

一覧から選択されている項目を削除します。

[上へ] ボタン

一覧の選択されている項目を上に移動します。

[下へ] ボタン

一覧の選択されている項目を下に移動します。

[すべて選択] ボタン

一覧のすべての項目を選択します。

[区切り] テキスト ボックス

区切り文字列を指定します。区切り文字には、次のエスケープ シーケンスを含めて指定することができます。39文字までの文字列で指定できます。

\a

警告 (ベル)

\b

バックスペース

\t

水平タブ

\v

垂直タブ

\\

円記号 (バックスラッシュ)

\xhh

16 進数表記による U+0020 未満のコントロール文字

[2重引用符内の区切り文字を許可] チェック ボックス

これがチェックされていると、2重引用符内の区切り文字を許可します。

[2重引用符内の改行コードを許可] チェック ボックス

これがチェックされていると、2重引用符内の改行コードを許可します。

[ヘディングの行数] テキスト ボックス

CSV フォーマットを変更した際、ここで指定するヘディングの行数に設定されます。

[検出最大行数] テキスト ボックス

CSV 文書として検出する最大行数を設定します。ファイルが開かれる際、ここで指定する行数の区切り文字を数えて、すべての行で同じ数の区切り文字を検出した場合に、CSV 文書として検出します。また、この設定に関わらず、CSV 文書は少なくとも 2 行以上である必要があります。さらに、設定のプロパティの [ファイル] タブに、[検出するCSV] リスト ボックスで、検出する CSV フォーマットがチェックされている必要があります。

[検出最小区切り数] テキスト ボックス

1行に検出する最小区切り数を指定します。例えば、1行に区切り文字が3個だけしか出現しないファイルの場合、このテキスト ボックスに 3 と入力されていれば、このファイルは CSV として検出されます。しかし、4 と入力されていれば、CSV として検出されません。さらに、設定のプロパティの [ファイル] タブに、[検出するCSV] リスト ボックスで、検出する CSV フォーマットがチェックされている必要があります。

[検出する最初の行] テキスト ボックス

CSV 文書として検出する最初の行を指定します。例えば、最初の 3 行が正しく区切り文字で区切られていない文書がある場合、この値を 3 に設定することにより、最初の 3 行を無視して、残りの行から CSV 文書として検出することができます。

[CSV の正当性を確認してエラーを出力する] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV モードを変更時、CSV の正当性をチェックして、エラーや特別な状態を検出した場合には、アウトプット バーを開いて、問題点や情報を表示します。[2重引用符ないの改行コードを許可] がチェックされている場合に、埋め込み改行コードを検出した場合は、エラーでなくても情報として表示します。

[ヘディングとルーラーでのみセパレーターをマウスでドラッグできるようにする] チェック ボックス

これがチェックされていると、ヘディングとルーラーでのみセパレーターをマウスでドラッグできるようになります。チェックされていない場合、セパレーターのどこでもマウスでドラッグできます。

[ヘディングは書き換え禁止] チェック ボックス

これがチェックされていると、ヘディングは書き換え禁止になります。

[自動的に区切り位置を調節] チェック ボックス

これがチェックされていると、文書が CSV モードに切り替わった時や、その他の主要な編集が発生した時に、区切り位置が自動的に調節されます。

[表示されている行のみで区切り位置を調節] チェック ボックス

これがチェックされていると、区切り位置を調節する際、表示されている行のみで区切り位置を調節します。チェックされていない場合は、最初の行から 1,000 行までの間で区切り位置を調節します。

[自動的にセル選択モードに切り替える] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV モードに移行時、自動的にセル選択モードに切り替わります。

[セル選択ボタン上にバルーン チップを表示する] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV モードに移行時、[CSV/並べ替え] ツール バーの [セル選択モード] ボタン上にバルーン チップが表示されます。

[セル ツール バーを自動的に表示/非表示を切り替える] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV ファイルを開いてセル選択モードになると、セル ツール バーが表示されます。

[自動的にフォーカスを設定する] チェック ボックス

これがチェックされていると、セル ツール バーに自動的にフォーカスを設定します。

[自動的に高さを調節する] チェック ボックス

これがチェックされていると、セル ツール バーの高さを自動的に調節します。

[列ヘッダーを表示する] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV モードに移行時、CSV用の列ヘッダーが表示されます。

[列ヘッダーにアルファベットを使用] チェック ボックス

列ヘッダーにアルファベットを使用します。

[列ヘッダーに0から始まる数字を使用] チェック ボックス

列ヘッダーに0から始まる数字を使用します。

[セル選択モードでオート フィルを有効にする] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV セル選択モードで、選択されたセル枠の右下の角にフィル ハンドルが表示されます。フィル ハンドルをマウスでドラッグすることにより、選択されたセルと同じ値を上下、または左右の隣のセルにコピーすることができます。また、連番の数字を含む2個以上セルを選択した状態でフィル ハンドルをドラッグすると、連続する値を入力できます。選択セルが一番上の行にある時に、フィル ハンドルをダブル クリックすると、上記の動作が文書の列全体に対して行われます。

[セル選択モードでドラッグ アンド ドロップによるセルの移動またはコピーを有効にする] チェック ボックス

これがチェックされていると、CSV セル選択モードで、選択されたセル枠をドラッグ アンド ドロップすることにより、選択範囲を移動またはコピーすることができます。列または行全体が選択されているときに Shift キーを押しながらドロップすると、列または行全体の順番を入れ替えます。

[セル選択モードで編集中、列数をそろえる] チェック ボックス

これがチェックされていると、セル選択モードで編集中、列数をそろえます。

[セル選択モードでTABキーを押してセルを新規作成する] チェック ボックス

これがチェックされていると、TABキーを押して次のセルにジャンプする際、現在のセルが最も右側の場合、セルを新規作成します。

[セル選択モードでヘッダー/行番号をダブルクリックして列/行を新規作成する] チェック ボックス

これがチェックされていると、セル選択モードで、ヘッダーまたは行番号の部分をダブルクリックして、列または行を新規作成します。

[セル選択モードで外側をダブルクリックしてセルを新規作成する] チェック ボックス

これがチェックされていると、セル選択モードで、編集可能な部分の外側をダブルクリックすることにより、セルを新規作成します。

[既定の列幅] テキスト ボックス

既定の列幅を文字単位で指定します。

[リセット] ボタン

設定を既定にします。

Copyright © 2003-2018 by Emurasoft, Inc.