Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [カスタマイズ] ダイアログ ボックス

[編集] タブ

[編集] タブでは、編集に関する設定を行います。

[正規表現を使用してタグ フォーマットを指定する] チェック ボックス

正規表現を使用してタグ フォーマットを指定します。

[検索] テキスト ボックス

正規表現を使用してタグ フォーマットを指定します。

[ファイル名] テキスト ボックス

ファイル名と一致する正規表現を指定します。

[行番号] テキスト ボックス

行番号と一致する正規表現を指定します。

[挿入/上書状態を保存] チェック ボックス

これがチェックされていると、挿入/上書状態を保存し、次回起動時も前回の挿入/上書状態を復元します。チェックされていない場合は、常に挿入状態で起動します。

[文字単位で元に戻す] チェック ボックス

これがチェックされていると、[元に戻す] コマンドを実行すると、一連の文字を挿入した後、1 文字ずつ元に戻します。ただし、マクロにも、1 文字ずつ挿入するコマンドが記録されます。

[複数選択を有効にする]チェック ボックス

複数選択を有効にするかどうかを指定します。複数選択を有効にするためには、1つの選択を行った後、CTRL キーを押しながらマウスで別の選択を行います。または、F8 キーを押して、カーソルを移動して選択を拡張した後、再び F8 キーを押して選択を終了させます。さらにカーソルを移動して次の選択位置に移動し、以上の操作を切り返します。

[Internet Explorerのソース表示で一時ファイルを書き換え禁止で開く] チェック ボックス

Internet Explorerのソース表示で一時ファイルを書き換え禁止で開きます。

[元に戻る情報が利用可能でない場合にダイアログを表示する] チェック ボックス

元に戻る情報が利用可能でない場合に、ダイアログを表示します。

[クリップボードを開くことができない場合にダイアログを表示する] チェック ボックス

クリップボードを開くことができない場合に、ダイアログを表示します。

[水平カーソル位置を保持する] チェック ボックス

これがチェックされていると、文字列を挿入後、カーソル下 (または上) 移動後、水平カーソル位置を文字列挿入前の位置に戻します。

[次の文字を英数字として扱う] テキスト ボックス

編集時、次の文字を英数字として扱います。たとえば、単語をダブル クリックしたとき、ここに含まれている文字を単語の一部として扱います。ただし、この設定は、正規表現の \w オペレータや [検索] ダイアログ ボックスの [単語のみ検索] オプションには適用されません。

[リセット] ボタン

設定を既定にします。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.