Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [カスタマイズ] ダイアログ ボックス

[検索] タブ

[検索] タブでは、検索に関する設定を行います。

[検索/置換ドロップダウン リスト用のフォントを変更する] チェック ボックス

これがチェックされていると、検索、置換などのダイアログ ボックスで、[検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックスのフォントを、現在開かれているウィンドウのフォントに合わせます。

[表示フォントの文字セットがシステム既定でない場合のみ変更する] チェック ボックス

[検索/置換ドロップダウン リスト用のフォントを変更する] チェック ボックスがチェックされている場合でも、現在開かれているウィンドウの表示フォントの文字セットがシステム既定の文字セットでない場合のみ、検索、置換などのダイアログ ボックスで、[検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックスのフォントを、現在開かれているウィンドウのフォントに合わせます。

[ファイルから置換の後、置換後の文字列を強調表示する] チェック ボックス

これがチェックされていると、[ファイルから置換] コマンドの後、置換後の文字列を強調表示します。チェックされていない場合、検索された文字列を強調表示します。

[正規表現「.」が改行文字に一致することができる] チェック ボックス

正規表現で文字列を検索する際、任意の文字に一致するメタ文字「.」が改行文字に一致することができるかどうかを指定します。正規表現「\s」は、[正規表現で検索する追加行数] テキスト ボックスに 1 以上の値が指定されていれば、このチェックに関係なく一致します。ただし、[ファイルから検索] コマンドの場合を除き、実際に一致できる改行の数は、[正規表現で検索する追加行数] テキスト ボックスで指定する数に依存します。

[検索/置換ダイアログで、ショートカットを無効にする] チェック ボックス

これがチェックされていると、検索/置換ダイアログで、キーボード ショートカットが無効になります。

[文書の最後に到達したらメッセージを表示する] チェック ボックス

これがチェックされていると、検索で文書の最後に到達したらメッセージを表示します。

[正規表現で検索する追加行数] テキスト ボックス

[検索] コマンド、および [置換] コマンドによる置換で、正規表現で文字列を検索する際、追加する行数を指定します。EmEditor では、検索する際、正規表現の関数に引数として 1 行ずつ文字列を渡して検索しています。ただし、検索する文字列に \n が含まれている場合は、その含まれている \n の数 + 1 の行数を正規表現の関数に引数として渡しています。しかし、この方法だと、例えば、正規表現で <td>.*?</td> を検索したい場合に、本来は、<td> と </td> の間に改行を含むどのような文字が含まれていても検索できるはずなのに、実際には改行が含まれていると検索することができません。そこで、[正規表現が改行文字に一致することができる] チェック ボックスをチェックし、このテキスト ボックスに 1 以上の数字を設定すると、そこで設定した数の改行が含まれていても検索できるようになります。[ファイルから検索] コマンドでは、ここでの設定にかかわらず、ファイル内のすべての文字列が検索の対象になります。

[開いたままファイルから置換の最大数] テキスト ボックス

[ファイルから置換] コマンドで、[変更したファイルを開いたままにする] チェック ボックスがチェックされている場合に、置換する最大のファイル数を指定します。ここにあまり大きな数を指定すると、一度に多くのウィンドウを開くことになる、多くのリソースを消費します。

[検索後、エディタにフォーカスを切り替える] チェック ボックス

これがチェックされていると、検索ツール バーを使用して検索した後、エディタにフォーカスを切り替えます。

[ESC を押して閉じる] チェック ボックス

これがチェックされていると、検索ツール バーを使用して検索した後、自動的に検索ツール バーを閉じます。

[大文字と小文字を区別] チェック ボックス

これがチェックされていると、[次の文字列を選択に追加][すべての文字列を選択] コマンドで、大文字と小文字を区別して検索します。

[単語のみ検索] チェック ボックス

これがチェックされていると、[次の文字列を選択に追加][すべての文字列を選択] コマンドで、単語のみ検索します。

[既定の正規表現エンジン] ドロップダウン リスト ボックス

EmEditor で使用する正規表現エンジンを指定します。Boost.Regex または Onigmo から選択できます。正規表現は、検索、置換、ファイルから検索、ファイルから置換、フィルター、強調表示、マーカー、タグ ジャンプ、自動インデント、アウトライン、プラグインで使用することができ、この選択は、EmEditor のすべての正規表現検索に影響を与えます。ただし、検索、置換、ファイルから検索、ファイルから置換は、[高度] ダイアログ ボックスで独立して設定することが可能です。

[リセット] ボタン

設定を既定にします。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.