Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [カスタマイズ] ダイアログ ボックス

[タブ] タブ

[タブ] タブでは、ウィンドウに関する設定を行います。

[スタイル] ドロップダウン リスト ボックス

文書ナビゲータをどのように表示するかを指定します。次のうち、いずれかを選択します。

タブ

タブとして表示します。

ボタン

ボタンとして表示します。

[アイコン] ドロップダウン リスト ボックス

タブに表示するアイコンの種類を指定します。次のうち、いずれかを選択します。

なし

アイコンを表示しません。

文書タイプのアイコン

開いている文書のタイプに関連されたアイコンを表示します。

EmEditor アイコン

EmEditor アイコンを表示します。

[挿入位置] ドロップダウン リスト ボックス

新規タブをどの位置に挿入するかを指定します。次のうち、いずれかを選択します。

一番左

一番左のタブの左側に挿入します。

一番右

一番右のタブの右側に挿入します。

アクティブな文書のすぐ左

現在選択されているタブのすぐ左側に挿入します。

アクティブな文書のすぐ右

現在選択されているタブのすぐ右側に挿入します。

[閉じた時] ドロップダウン リスト ボックス

タブを閉じた時、どのタブをアクティブにするかを指定します。次のうち、いずれかを選択します。

最近使用したタブをアクティブにする

直前までに使用していたタブをアクティブにします。

左のタブをアクティブにする

閉じるタブのすぐ左のタブをアクティブにします。

右のタブをアクティブにする

閉じるタブのすぐ右のタブをアクティブにします。

[外部から開く時] ドロップダウン リスト ボックス

外部からEmEditorでファイルを開く時、どのウィンドウでファイルを開くかを指定します。次のうち、いずれかを選択します。

新しいウィンドウ

常に新しいウィンドウで開きます。

最近使ったウィンドウの新しいタブ

タブを有効にしている時は、最近使ったウィンドウの新しいタブで開きます。ただし、タブを無効にしている場合や、プラグインを実行中は、新しいウィンドウで開きます。

新規ファイルは新しいウィンドウ、その他は新しいタブ

新しいウィンドウで新しいファイルを開き、新しいタブで既存ファイルを開きます。ただし、タブを無効にしている場合や、プラグインを実行中は、新しいウィンドウで開きます。

[幅] ドロップダウン リスト ボックス

タブの幅をどのように調節するかを指定します。次のうち、いずれかを選択します。

ファイル名に合わせる

各タブはファイル名の長さに調節されます。

指定幅より長い場合だけ切り詰める

各タブはファイル名の長さに調節されます。ただし、[指定幅] テキスト ボックスで指定した幅よりも長い場合は切り詰められます。

指定幅に固定する

すべてのタブは [指定幅] テキスト ボックスで指定された長さになります。

[入りきらない時] ドロップダウン リスト ボックス

ウィンドウの幅にすべての文書のタブが入りきらない時、タブをどのように表示するかを指定します。次のうち、いずれかを選択します。

何もしない

何もしません。入りきらないタブはウィンドウの外にはみ出ます。

幅を調節する

すべてのタブの幅はウィンドウのサイズに応じて調節されます。

列を増やす

必要に応じて、タブの列を増やして表示します。

[閉じるボタン] ドロップダウン リスト ボックス

タブに閉じるボタン [×] を表示する場合、どのように表示するかを指定します。次の中から選択することができます。

無し

閉じるボタンを表示しません。

ウィンドウの右端

ウィンドウの右端に表示します。

アクティブなタブ上

アクティブなタブの上だけに表示します。

すべてのタブ上

すべてのタブ上に表示します。

[指定幅] テキスト ボックス

[幅] ドロップダウン リスト ボックスで、[指定幅より長い場合だけ切り詰める] または [指定幅に固定する] が選択されている場合に、各タブの幅を指定します。

[書き換え禁止アイコンを表示] チェック ボックス

書き換え禁止状態でファイルを開いているとき、タブ上に書き換え禁止アイコンを表示します。

[メニューを変更] ボタン

このボタンをクリックすると、[メニューの変更] ダイアログ ボックスが表示されて、メニューを変更することができます。

[リセット] ボタン

設定を既定にします。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.