Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > ダイアログ ボックス > [カスタマイズ] ダイアログ ボックス

EmEditor ダイアログ ボックス: [ウィンドウ] タブ

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [カスタマイズ] ダイアログ ボックス

[ウィンドウ] タブ

[ウィンドウ] タブでは、ウィンドウに関する設定を行います。

[起動時、ウィンドウ位置を復元] チェック ボックス

EmEditorを起動時、ウィンドウ位置を復元します。ウィンドウ位置は、[現在のウィンドウ位置を保存] ボタンを押して保存します。

[起動時、ウィンドウ サイズを復元] チェック ボックス

EmEditorを起動時、ウィンドウのサイズを復元します。ウィンドウのサイズは、[現在のウィンドウ位置を保存] ボタンを押して保存します。

[タブが有効時に現在のウィンドウ位置とサイズを保存、復元] チェック ボックス

タブが有効時、EmEditor を終了時にウィンドウの位置を自動的に保存し、次回 EmEditor が起動時に、以前のウィンドウ位置を復元します。これは、上の [起動時、ウィンドウ位置を復元] チェック ボックスよりも優先して動作します。

[注意を促すために音を鳴らす] チェック ボックス

例えば検索した文字列が見つからない時に音を鳴らして注意を促します。

[より多くの音を鳴らす] チェック ボックス

例えば矢印キーを押した時にこれ以上カーソルが移動できない場合など、より多くの音を鳴らします。

[次の文書コマンドで最後に使用した文書に切り替える] チェック ボックス

これがチェックされていると、[次の文書] コマンドで、最後に表示した文書に切り替えます。チェックされていない場合は、タブ バーに表示されている順番に切り替えます。

[タブが有効の時ウィンドウを閉じるでグループを閉じる] チェック ボックス

これがチェックされていると、ウィンドウが結合されている場合、ウィンドウの右上の [×] (閉じる) ボタンをクリックすると、すべての EmEditor のウィンドウを閉じます。

[最後の文書を閉じる時ウィンドウを閉じない] チェック ボックス

これがチェックされていると、タブが有効の場合、文書が 1 個だけ開いている時に文書を閉じるコマンドを実行しても、EmEditor が終了せずに新規作成の状態になります。

[カスタム バーが開く時、ウィンドウのサイズを調節する] チェック ボックス

これがチェックされていると、カスタム バーを開く時にウィンドウのサイズを自動的に調節します。

[カスタム バーが開く時、ウィンドウをモニターのサイズに制限する] チェック ボックス

これがチェックされていると、カスタム バーを開く時にウィンドウのサイズを自動的に調節しますが、ウィンドウ サイズをモニターのサイズに制限します。

[常に最上位の状態を保存] チェック ボックス

これがチェックされていると、[常に最上位] コマンドが選択されると、常に最上位の状態が保存され、次に EmEditor 起動時、EmEditor ウィンドウが常に最上位になります。

[スタート ウィンドウ] ボタン

このボタンをクリックすると、[スタート ウィンドウのカスタマイズ] ダイアログ ボックスが表示されて、スタート ウィンドウを変更することができます。

[現在のウィンドウ位置を保存] ボタン

これをクリックして、さらに [起動時、ウィンドウ位置を復元] チェック ボックス、または [起動時、ウィンドウ サイズを復元] チェック ボックスをチェックすると、EmEditor を起動時、ウィンドウ位置を復元、またはウィンドウ サイズを復元します。

[リセット] ボタン

設定を既定にします。

Copyright © 2003-2018 by Emurasoft, Inc.