Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > ダイアログ ボックス

EmEditor ダイアログ ボックス: [ファイルから検索] ダイアログ ボックス

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス

[ファイルから検索] ダイアログ ボックス

このダイアログ ボックスは、[ファイルから検索] コマンドを実行すると表示されます。ここで指定する文字列とオプションでファイルから検索します。

[検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックス

検索する文字列を指定します。複数行テキスト ボックスの場合、Ctrl + Enter キーを使用して改行を挿入することができます。ドロップダウン リストが表示されている間に、Alt + Delete キーを押すことにより、選択した履歴の項目をクリアすることができます。

[>] ボタン

このボタンをクリックすると、利用可能なコマンドの一覧が表示されます。

選択テキストまたはカーソル位置の単語

これがチェックされていると、テキストが選択されていれば選択テキストで、そうでなければカーソル位置の単語で [検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

選択テキスト

これがチェックされていると、選択されたテキストで [検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

カーソル位置の単語

これがチェックされていると、カーソル位置の単語で [検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

カスタム

これがチェックされていると、最後に使用した文字列で [検索する文字列] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

既定として保存

次回ダイアログ ボックスが表示されたときの既定値として、このオプションを保存します。

複数行

ドロップダウン リスト ボックスの単一行と複数行を切り替えます。

コマンドには、利用できる正規表現、またはエスケープ シーケンスの一覧が含まれることがあります。その中から項目を選択すると、その内容が、隣のテキスト ボックスに挿入されます。

[ファイルの種類] ドロップダウン リスト ボックス

検索するファイルの種類を指定します。ワイルドカード(*と?)が使用できます。また、複数のファイルをセミコロン(;)で区切って指定することができます。

[>] ボタン

このボタンをクリックすると、利用可能なコマンドの一覧が表示されます。

現在のファイルの種類

これがチェックされていると、現在のファイルの種類で、[ファイルの種類] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

現在のファイル拡張子

これがチェックされていると、現在のファイル拡張子で、[ファイルの種類] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

現在のファイル

これがチェックされていると、現在のファイルで、[ファイルの種類] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

カスタム

これがチェックされていると、最後に使用した文字列で、[ファイルの種類] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

既定として保存

次回ダイアログ ボックスが表示されたときの既定値として、このオプションを保存します。

[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックス

検索するフォルダを指定します。また、複数のフォルダを縦線 (|) で区切って指定することができます。

[>] ボタン

このボタンをクリックすると、利用可能なコマンドの一覧が表示されます。

現在のフォルダ

これがチェックされていると、現在のフォルダで、[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

1階層上のフォルダ

これがチェックされていると、現在の1階層上のフォルダで、[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

2階層上のフォルダ

これがチェックされていると、現在の2階層上のフォルダで、[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

ルート フォルダ

これがチェックされていると、ルート フォルダで、[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

カスタム

これがチェックされていると、最後に使用した文字列で、[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスを初期化します。

参照

これを選択すると、参照ダイアログ ボックスを表示して、フォルダを選択することができます。

参照して追加

これを選択すると、参照ダイアログ ボックスを表示して、フォルダを選択し、既存のフォルダに追加することができます。

既定として保存

次回ダイアログ ボックスが表示されたときの既定値として、このオプションを保存します。

[大文字と小文字を区別する] チェック ボックス

検索する文字列の大文字と小文字を区別して検索します。

[サブフォルダも検索する] チェック ボックス

[検索するフォルダ] ドロップダウン リスト ボックスで指定したフォルダのサブフォルダも検索します。

[正規表現を使用する] チェック ボックス

正規表現を有効にします。正規表現構文について詳しくは、正規表現を使用するにはを参照してください。

[エスケープ シーケンスを使用する] チェック ボックス

エスケープ シーケンスを有効にします。エスケープ シーケンスとして次の文字を表現できます。

\a

警告 (ベル)

\b

バックスペース

\f

改頁

\n

改行

\t

水平タブ

\v

垂直タブ

\\

円記号 (バックスラッシュ)

\oooooo

8 進数表記による Unicode 文字

\xhhhh

16 進数表記による Unicode 文字

ヌル文字 (\0) は使えません。\r の代わりに \n を使用します。

[単語のみ検索する] チェック ボックス

単語のみ検索します。単語のみというのは、置換前の文字列の前後が、A〜Z、a〜z、0〜9、_ のいずれの文字でも囲まれていない場合のことです。全角文字で囲まれている場合は常に単語とみなされます。正規表現の場合、このチェック ボックスを使用すると正しく検索できない場合があります。正規表現を使用する場合は、これをチェックせずに、単語の区切り表現 (\<、\>、\b) を使用してください。

[終了したら閉じる] チェック ボックス

検索を終了したらダイアログ ボックスを閉じます。

[エンコード] ドロップダウン リスト ボックス

エンコードを選択します。[設定されたエンコード] を選択すると、開くファイルの拡張子に関連付けられたプロパティで設定されているエンコードになります。

[すべて自動検出] チェック ボックス

利用できるすべてのエンコードから統計的にエンコードを検出します。特にファイルが非常に小さい場合は、誤認する場合があります。このオプションは、HTML/XML Charset 検出を含みません。

[HTML/XMLのCharsetを検出] チェック ボックス

HTMLファイルから "charset=..." を、XMLファイルから "encoding=..." を、または Python、Ruby ファイルから "#coding=..." を見つけ、それに対応するエンコードを使用します。HTML, XML, Python, Ruby ファイルを開く場合は、このオプションだけをチェックし、他のオプションはチェックしないでください。

[Unicodeサイン(BOM)を検出] チェック ボックス

エンコードの選択にかかわらず、UTF-16LE、UTF-16BE、UTF-8 バイト オーダー マーク(BOM) を検出します。

[UTF-8を自動検出] チェック ボックス

エンコードの選択にかかわらず、UTF-8を統計的に検出します。

[出力方法] ドロップダウン リスト ボックス

結果をどのように表示するかを選択します。

文書

ファイルから検索の結果を一覧として新規文書に表示します。

アウトプット バー

ファイルから検索の結果を一覧としてアウトプット バーに表示します。

直接開く

ファイルから検索の結果を一覧としては表示せずに、検索文字列を含むファイルを直接開きます。

直接開いてフィルター

ファイルから検索の結果を一覧としては表示せずに、検索文字列を含むファイルを直接開き、さらにフィルターに検索文字列を設定します。

[出力オプション] ドロップダウン リスト ボックス

結果をどのように表示するかを選択します。

ファイル名と行を表示

ファイル名と検索した文字列を含む行の内容の両方が結果として表示されます。

ファイル名のみ表示

見つかったファイルのファイル名だけを結果として表示し、検索した文字列を含む行の内容は表示しません。

一致した行のみ表示

検索した文字列を含む行の内容だけが結果として表示されます。

一致した文字列のみ表示

一致した文字列のみが結果として表示されます。

[検索] ボタン

指定した条件でファイルから検索を開始します。

[置換 >>] ボタン

このボタンをクリックすると、現在のオプションを保存してこのダイアログ ボックスを閉じ、[ファイルから置換] ダイアログ ボックスを表示します。

[高度] ボタン

これをクリックすると、[高度] ダイアログ ボックスを表示し、高度なオプションを指定できるようになります。

さらに、このダイアログ ボックスから、次のダイアログ ボックスに移動することもできます。

b [高度] ダイアログ ボックス ([高度] ボタンを選択)

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.