Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > ダイアログ ボックス > 設定のプロパティ > [ファイル] タブ

EmEditor ダイアログ ボックス: [保存時の詳細] ダイアログ ボックス

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - 設定のプロパティ - [ファイル] タブ

[保存時の詳細] ダイアログ ボックス

保存時の詳細についての設定を行うことができます。

[Unicode文字をシステム既定エンコード保存で警告] チェック ボックス

これがチェックされていると、Unicode、Unicode big endian、あるいは UTF-8 以外のエンコードで保存する時、システム既定エンコードに変換できない文字が含まれる場合に、警告メッセージを表示します。

[Unicode文字をHTML/XMLの文字参照として保存] チェック ボックス

これがチェックされていると、保存先エンコードに変換できない Unicode 文字コードを、HTML/XML の文字参照 (❖ など) として保存します。

[名前による実体参照を使用する] チェック ボックス

これがチェックされていると、保存先エンコードに変換できない Unicode 文字コードを、名前による実体参照 (© など) として保存します。このオプションは、Internet Explorer 5.0 以上がインストールされている場合のみ利用できます。

[保存時、タブをスペースに変換] チェック ボックス

文書を保存時、タブによってできた空白をスペースに変換します。

[保存時、改行を挿入] チェック ボックス

文書を保存時、表示上の折り返し位置に改行を挿入します。

[保存時、空のファイルは削除] チェック ボックス

文書を保存時、文書が空の場合はそのファイルを削除します。

[変更がなくても保存を有効] チェック ボックス

これがチェックされていると、変更がなくても [上書き保存] コマンドを有効にし、ファイルの保存ができるようになります。

[行末の空白を削除] チェック ボックス

これがチェックされていると、保存時に、文書全体の行末の空白を削除します。

[自動的に無題の文書に名前を付ける] チェック ボックス

これがチェックされていると、無題の文書を保存するとき、文書の最初の行のテキストを使用して、自動的にファイル名を付けます。

[名前を変更時、以前のファイルを削除で警告] チェック ボックス

これがチェックされていると、[名前を変更して保存] コマンドで以前のファイルを削除するときにダイアログを表示します。

[エンコード] ドロップダウン リスト ボックス

保存時のエンコードを指定します。

[Unicodeサイン(BOM)を付ける] チェック ボックス

Unicode、Unicode big endian、UTF-8で保存時、バイト オーダー マーク (BOM) の署名を付けます。

[改行方法] ドロップダウン リスト ボックス

文書を保存時に使用する改行の種類を指定します。[変換無し] を指定すると、文書で使用している改行をそのまま使用します。[CR+LF (Windows)] を指定すると、文書中の改行をすべて CR と LF の組み合わせに変換します。同様に、[CRのみ (Macintosh)] または [LFのみ (UNIX)] を指定すると、文書中の改行をすべて、それぞれ、CR または LFに変換します。通常、Windows では、改行に CR と LF の組み合わせを使用します。Macintosh では、CRのみを使用し、UNIX では、LFのみを使用します。

[リセット] ボタン

設定を既定にします。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.