Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > ダイアログ ボックス > [外部ツール] ダイアログ ボックス

EmEditor ダイアログ ボックス: [外部ツールのプロパティ] ダイアログ ボックス

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - ダイアログ ボックス - [外部ツール] ダイアログ ボックス

[外部ツールのプロパティ] ダイアログ ボックス

このダイアログ ボックスでは、外部ツールの各項目に関する設定を行います。

[タイトル] テキスト ボックス

ツール メニューの外部ツール サブ メニューに表示されるツールまたはコマンドの名前です。

[コマンド] テキスト ボックス

起動したい.exe、.com、.bat、.cmd、またはその他のファイルのパスを指定します。

[引数] テキスト ボックス

ツールが起動した時に渡す引数を指定します。[>] ボタンを使って、既に定義されている引数の一覧から選ぶこともできます。また、%WinDir% といった環境変数を指定することもできます。

[初期ディレクトリ] テキスト ボックス

ツールが実行するディレクトリを指定します。[>] ボタンを使って、既に定義されている引数の一覧から選ぶこともできます。また、%WinDir% といった環境変数を指定することもできます。

[アイコン パス] テキスト ボックス

アイコンのイメージを抽出するファイル名を入力します。

[現在のアイコン] リスト ボックス

利用できるアイコンの一覧が表示され、現在のアイコンが選択されています。

[ファイルを保存する] チェック ボックス

これがチェックされていると、EmEditor はツールを起動する前に開いている文書を保存します。

[アウトプット バーを使用する] チェック ボックス

これがチェックされていると、コンソール プログラムを実行する際、外部ツールの標準出力と標準エラーをアウトプット バーに表示します。

[アウトプット バーにフォーカスを設定する] チェック ボックス

これがチェックされていると、アウトプット バーにキーボード フォーカスを設定します。

[終了時に閉じる] チェック ボックス

これがチェックされると、ツール プロセスの終了後に出力バーが閉じられます。

[入力] ドロップダウン リスト ボックス

外部ツールのための標準入力を選択します。

なし

標準入力は使用されません。

選択テキスト

選択されたテキストが標準入力として使用されます。

文書

全体の文書が標準入力として使用されます。

カスタム

カスタマイズされたフォーマットの中から標準入力を指定します。これを選択した場合、カスタム テキスト ボックスと [EOFを追加] チェック ボックスも指定しなければいけません。

[カスタム] テキスト ボックス

カスタマイズされた標準入力を指定します。このテキスト ボックスは [入力] ドロップダウン リスト ボックスにある[カスタム] を選択した時のみ、チェックできるようになります。

[EOF (Ctrl+Z、U+001Aまたは1AH) を追加] チェック ボックス

これがチェックされると、カスタマイズされた標準入力の最後に EOF 文字 (U+001A または 1AH) が追加されます。EOF 文字は通常不要ですが、古いアプリケーションの中には EOF 文字が必要なことがあります。

[出力] ドロップダウン リスト ボックス

外部ツールの標準出力を選択します。

破棄

標準出力は破棄されます。

選択範囲と置換

標準出力は選択されたテキストに置換します。

文書と置換

標準出力は全ての文書に置換します。

選択範囲の前に挿入

標準出力は選択されたテキストの前に入力されます。

選択範囲の後に挿入

標準出力は選択されたテキストの後に入力されます。

ツール チップとして表示

標準出力はツール チップとして表示されます。

新規文書の作成

標準出力は新規文書の内容になります。

[エンコード] ドロップダウン リスト ボックス

アウトプット バーに出力するエンコードを指定します。

[標準エラー] ドロップダウン リスト ボックス

外部ツールの標準エラーの出力を選択します。

破棄

標準出力は破棄されます。

選択範囲と置換

標準出力は選択されたテキストに置換します。

文書と置換

標準出力は全ての文書に置換します。

選択範囲の前に挿入

標準出力は選択されたテキストの前に入力されます。

選択範囲の後に挿入

標準出力は選択されたテキストの後に入力されます。

ツール チップとして表示

標準出力はツール チップとして表示されます。

新規文書の作成

標準出力は新規文書の内容になります。

[...] ボタン

指定するファイルの場所を探す時に使用します。

[>] ボタン

このボタンを使って、既に定義されている引数の一覧から選びます。

 

参考

Q. 外部ツールの定義例を教えてください。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.