Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 履歴

EmEditor 履歴: Version 12

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 履歴

Version 12

2012年9月25日

一般の新機能

対応するタグの強調

改善されたブックマーク

改善されたマーカー

メッセージ送信機能 (プラグイン)

最適化 - EmEditor 起動時、マイ マクロ ファイルの #icon や #title をスキャンしなくなりました。これにより、マイ マクロの登録数によっては EmEditor の起動が大幅に速くなりました。EmEditor 起動前にマクロ ファイルを編集して #icon や #title の行が変わったときには、マクロ バーで右クリックを行って表示するメニューより [最新の情報に更新] を選択する必要があります。

Windows 8 サポート - 新バージョンは、Windows 8 のためにデザインされ互換性があります。タッチ入力が利用できる環境で、タッチ入力、フリック入力、ジェスチャーに対応し、スクロール、ズーム (フォント サイズの変更)、切り取り、コピー、貼り付け、削除、元に戻す、やり直し、戻る、進む、印刷、保存、その他のコマンドに対応しました。Tablet PC の設定で右ききが選択されている場合、メニューが左側に表示されるようになりました。さらに、EmEditor が他の PC からメッセージを受信すると、Windows 8 ではトーストを使用してメッセージを表示するようになりました。これにより、メトロ アプリがフォアグラウンド ウィンドウになっている場合でも受信メッセージを表示できるようになりました。

64 ビット Windows で 32 ビット EmEditor の組み合わせでもエクスプローラ コンテキスト メニューをサポートしました。

検索ウィンドウが開いていてフォーカスがある状態で、F3 または Shift + F3 を押したら、検索ダイアログの上へ検索/下へ検索と同じ動作になるように変更しました。

検索ツール バーにキーボード フォーカスが存在するときでも、[すべて置換] など多くのコマンドのショートカット キーが有効になりました。

[連続置換] ダイアログから JavaScript または VBScript マクロ形式でエクスポートできるようになりました。

「onenote://」もリンクできるようにしました。

[文字コード値] コマンドで、Unicode値のサロゲート表示も追加しました。たとえば、U+10000 を表示する場合、

U+10000

U+D800 U+DC00

と2行で表示するようにしました。

ツール バーに [戻る]、[進む] ボタンを追加しました。

キーボード マップ ウィンドウのツール バーに [検索] ドロップダウン リスト ボックスを追加しました。

設定のプロパティの [キーボード] タブで、新しく [>]、[<] ボタンを追加し、現在割り当てられているコマンドへジャンプしたり、履歴の以前のコマンドに戻ることができるようになりました。

[クリップボードで改行方法を保持] がオンなら、CSV モードの箱型選択の場合でも、新たな行を追加する場合に、クリップボードにある改行方法をそのまま貼り付けるようになりました。

行の折り返し方法が、[折り返さない] 以外の場合で、複数行の箱型選択の貼り付け方法について、コピーの場合と同様、論理行で貼り付けになるよう、少し修正を加え、同時に最適を行いました。

各ツール バーを非表示/表示する時、ツール バーの位置を記憶するようになりました。また、ツール バーの表示/非表示を切り替えたときの画面のちらつきを少なくしました。

特定のマウスやキーボードのアプリケーション コマンドに対応し、新規作成、閉じる、切り取り、コピー、検索、貼り付け、削除、元に戻す、やり直し、戻る、進む、印刷、保存、ヘルプ、スペル チェック、その他のコマンドに対応しました。

Hunspell バージョン 1.3.2 にしました。

新しいプラグイン機能

HTML バー プラグイン

HTML バーは [設定された選択で HTML バーを自動的に表示する] チェック ボックスがチェックされていない場合でも、表示/非表示の状態を記憶するようになりました。

スニペット プラグイン

他のアプリケーションやテキスト領域からテキストをドラッグ & ドロップしてインポートする場合、スニペットのタイトルは自動的に 79 文字に切り詰められるようになりました。

切り取り (Ctrl+X)、コピー (Ctrl+C)、貼り付け (Ctrl+V) コマンドがスニペット プラグインに追加されました。これらのコマンドを使って、スニペット ツリー内でスニペットのコピーや移動を簡単に行うことができるようになりました。

スニペット ツリーの項目にマウスを置くと、スニペットのテキストがツール チップとして表示されるようになりました。(この機能を有効にするには、コンテキスト メニュー - 表示 - ツールチップがチェックされている必要があります。)

プロジェクト プラグイン

シンボル リスト カスタム バーに [最新の情報に更新] ボタンを追加しました。

プロジェクトに入っていないファイルに対してもシンボル リストが動作するようになりました。シンボル ドロップダウン リストに「現在のファイル」と「すべての開いているファイル」の項目が追加されました。

コンテキスト メニューに [すべて展開] と [すべて縮小] コマンドが追加されました。

Ctags.exe を最新版 (Ctags v5.8) に置き換えました。

新しい設定

[カスタマイズ] ウィンドウの [マウス] タブで、[右クリック + ホイールでタブの変更] チェック ボックスを追加しました。

[カスタマイズ] ダイアログの [履歴] タブに [外部アプリケーションでコピーされたクリップボードを監視する] チェック ボックスを追加しました。既定で、EmEditor はクリップボードを監視しなくなり、Microsoft Excel など特定のアプリケーションとの衝突を避けました。

新コマンド

この文書のブックマークを反転

この文書のブックマークされた行を削除

この文書のブックマークされた行を抽出して新規作成

マーカーに追加/削除

このグループのブックマークされた行を抽出して新規作成

変更をブックマーク

このグループのブックマークをクリア

このグループのブックマークを反転

このグループのブックマークされた行を削除

戻る

進む

最後のメッセージを表示

対応するタグへ

選択範囲を対応するタグへ

新しいツール バー ボタン

emeditor12_toggle_find_bar_button 検索ツール バー

検索ツール バーの表示/非表示を切り替えます。

emeditor12_back_button 戻る

カーソルを以前の位置に移動します。

emeditor12_forward_button 進む

カーソルを次の位置に移動します。

新しいプラグイン API

EI_GET_RES_DLL_INSTANCE フラグ (EE_INFO メッセージ)。

 

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.