Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 履歴

EmEditor 履歴: Version 19.6

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 履歴

Version 19.6

2020年 2月 12日

一般の新機能

[貼り付け] コマンド (Ctrl+V) を選択すると、[クリップボードの履歴を表示] ボタンを表示するオプションを追加しました。このボタンをクリックするか、[クリップボードの履歴を表示] コマンド (既定のショートカット Ctrl+Shift+V) を選択することにより、以前に使用したクリップボードのテキストを素早く選択することができるようになります (本機能を無効にするには、[カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [編集] ページの [貼り付けでクリップボードの履歴を表示する] チェック ボックスをクリアします)。

新バージョンは、マウスが垂直スクロールバーにポイントした時のみミニマップを表示することができるようになりました (本機能を無効にするには、設定のプロパティの [スクロール] ページに [ポイントした時ミニマップを表示] チェック ボックスをクリアします)。

[頻出文字列を抽出] コマンドを使って、頻出の CSV セル、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレスの表を作成することができるようになりました。

ファイルから検索の結果より頻出文字列の表を作成することができるようになりました ([ファイルから検索] ダイアログ ボックス - [抽出] ボタンの右側の▼ - [抽出オプション] ダイアログ ボックス - [頻出文字列を数える] チェック ボックス)。

指定する整数で増分する数の集合のみ一致する数値範囲表現を使用できるようになりました。例えば、0 〜 10 の範囲の偶数のみを指定するには、[0, 10, 2] と指定することができます。

JSON を既定の設定に追加しました。

新しい設定

[カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [編集] ページに [起動時、Windowsのクリップボードの履歴を取得する] チェック ボックスと [貼り付けでクリップボードの履歴を表示する] チェック ボックスを追加しました。

設定のプロパティの [スクロール] ページに [ポイントした時ミニマップを表示] チェック ボックスを追加しました。

[頻出文字列を抽出] ダイアログ ボックスに [セル]、[IPv4アドレス]、[IPv6アドレス] ラジオ ボタンを追加しました。

[数値範囲を入力] ダイアログ ボックスに [倍数+最小値のみ] チェック ボックスと [次の数の倍数] テキスト ボックスを追加しました。

[ファイルから検索] ダイアログ ボックスに [抽出] ボタンを追加しました。

[カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [形式] ページに [カスタム] テキスト ボックスを追加しました。

新しいコマンド

ポイントした時ミニマップを表示

クリップボードの履歴を表示

プラグイン API の新機能

FLAG_FIND_COUNT_FREQUENCY フラグを GREP_INFO_EX 構造体に追加しました。

マクロの新機能

eeExFindCountFrequency フラグを FindInFiles メソッドに追加しました。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.