Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 履歴

EmEditor 履歴: Version 20.1

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 履歴

Version 20.1

2020年 9月 1日

一般の新機能

CSV フォーマットに関連付けられている引用符を変更できるようになりました。既定の CSV フォーマットの一覧に Concordance ロード ファイル (DAT) のフォーマットを追加しました。

既定では、Textの設定のプロパティで、新規作成時のエンコードを UTF-8 (BOM無し) に、[UTF-8を優先する] オプションをオンに変更しました。これで既定では、US-ASCII のファイルは UTF-8 (BOM無し) として開かれるようになります。

コマンド ライン /l、/cl オプションを拡張し、負の数で、最終行からの行数、または行末からの桁数を指定できるようになりました。

新バージョンでは、既定でクリップボードの履歴で選択した文字列を履歴の最新の位置に移動し、現在のクリップボードを選択した文字列で置き換えます。

開始フィルターと終了フィルターのオプションを高度なフィルターに追加して、複数行の範囲だけフィルターを設定できるようになりました。

[ジャンプ] ダイアログ ボックスでファイル位置でジャンプ先を指定することができるようになりました。[ジャンプ] ダイアログ ボックスで [ファイル位置] を変更すると、ジャンプ先を確定する前に [行] と [桁] が更新され、その逆も同様です。

64 ビット版では、ee128.exe、ee256.exe、ee512.exe は DLL (ee128.dll、ee256.dll、ee512.dll) としてリビルドされました。32 ビット版では、ee128.dll がインストールに追加されました。

ファイル EECommon.dll をインストールに追加しました。

CSV 文書で選択セル内の数字の合計を表示できるように、[合計] マクロを更新しました。

巨大ファイルを開く動作をマルチスレッド化により高速化しました。

テスト結果:


v20.0

v20.1

比較

巨大ファイルを開く (最初)

15.3 秒

5.97 秒

2.56 倍に高速化

巨大ファイルを開く (2回目)

3.58 秒

0.781 秒

4.58 倍に高速化

* 2.70 GB、2 億行、ASCII ランダム データ ファイル。16 スレッド、Windows 10 (64-bit)、Core i9-9900K、32GB RAM、2TB SSD。「最初」と「2回目」は、それぞれ Windows を再起動後に、最初と2回目にファイルを開くことを意味します。通常、2回目の方が最初よりも Windows のキャッシュのメカニズムにより速くなります。EmEditor は、ファイルのオープンを高速化するために一時ファイルを残しません。

新しい設定

[カスタマイズ] ウィンドウの [ウィンドウ] ページに [新しい上下/左右グループを接合する] チェック ボックスを追加しました。

[カスタマイズ] ウィンドウの [CSV] ページに [引用符] テキスト ボックスを追加しました。

[高度なフィルター] ダイアログ ボックスに [開始フィルター] チェック ボックス、[終了フィルター] チェック ボックスを追加しました。

[ジャンプ] ダイアログ ボックスに [ファイル位置] テキスト ボックスを追加しました。

[カスタマイズ] ウィンドウの [編集] ページに [クリップボードの履歴で最近使用した文字列を最初に移動] チェック ボックスを追加しました。

プラグイン API の新機能

CLIP_INFO 構造体に CI_MOVE_CLIP アクションを追加しました。

FILTER_INFO_EX 構造体に FLAG_FILTER_BEGIN、FLAG_FILTER_END フラグを追加しました。

EE_INFO メッセージに EI_FILE_POS_TO_LOGICAL、EI_LOGICAL_TO_FILE_POS、EI_CELL_TO_LOGICAL、EI_LOGICAL_TO_CELL コマンドを追加しました。

マクロの新機能

Csv オブジェクトに QuotationMark プロパティを追加しました。

Document オブジェクトの Filter メソッドに eeExFilterBegin、eeExFilterEnd フラグを追加しました。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.