Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 履歴

EmEditor 履歴: Version 7.00

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 履歴

Version 7.00

2007年12月18日

巨大ファイルの読み込み中でも、マルチスレッドにより、表示・編集できるようになりました。

[カスタマイズ] ダイアログの [高度] タブ[変更されていない行を元のファイルから読む] チェック ボックス、[元のファイルをロックする] チェック ボックス、[非同期で開く最小ファイル サイズ] テキスト ボックスを追加し、読み込み速度を最適化。

プラグインを使用してカスタム ツール バーを表示できるようになりました。

プラグインに EE_TOOLBAR_OPENEE_TOOLBAR_CLOSEEE_TOOLBAR_SHOWEE_HELPEE_REG_SET_VALUEEE_REG_QUERY_VALUEEE_QUERY_STRINGEE_KEYBOARD_PROPEE_GET_ACCEL_ARRAYEE_OUTPUT_DIREE_OUTPUT_STRINGEE_ENUM_HIGHLIGHT メッセージを追加しました。

プラグインに Editor_ToolbarOpenEditor_ToolbarCloseEditor_ToolbarShowEditor_HelpEditor_RegSetValueEditor_RegQueryValueEditor_QueryStringEditor_KeyboardProp, Editor_GetAccelArrayEditor_DocGetLinesEditor_OutputDirEditor_OutputStringEditor_EnumHighlight インライン関数を追加しました。

プラグインに TOOBAR_ONFOREG_SET_VALUE_INFOREG_QUERY_VALUE_INFO 構造体を追加しました。

プラグインに EVENT_TOOLBAR_CLOSEDEVENT_TOOLBAR_SHOW イベントを追加しました。

より大きなファイルを編集できるようになりました (利用可能メモリに依存)。

「マイ マクロ」の一覧に簡単にアクセスできるマクロ ツール バーを追加しました (通常のツール バーにも任意のマクロ ボタンを追加可能)。

マクロ ボタンのアイコン、タイトル、ツールチップは変更可能になりました (#icon 指示子#title 指示子#tooltip 指示子)。

[ツール バー] ダイアログ ボックス[マクロ ツール バーを表示する] チェック ボックスを追加。

[検索] ダイアログ ボックス[置換] ダイアログ ボックスのサイズを変更できるようになり、複数行の検索をエスケープ シーケンスを使用せずに実行できるようになりました。

編集中に異常終了した場合や、Windows の自動アップデートなどで強制再起動する必要がある場合、ダイアログ ボックスを表示しないで、自動的に編集中のファイルを「AutoSave-」が付いたファイル名で保存するようになりました。また、EmEditor の再起動後にファイルが自動保存されている旨のメッセージが表示されるようになりました。

ファイルを読み込んだ後にステータス バーに表示するバイト数を、必要に応じて KB、MB、GB 単位の両方で表示するようになりました。

[マクロ ツール バー] コマンド[ツール バーを最新の情報に更新] コマンドを追加しました。

トリプル クリックで行全体を選択できるようになりました。

QueryStringByID メソッドを追加しました。

EmEditor は他のアプリケーションに対してキー ストロークとマウス操作を記録し実行することができるようになりました。

Shell オブジェクトWindows コレクションを追加しました。

ChildrenClassNameEnabledHeighthWndLeftXParentProcessIDThreadIDTopValidVisibleWidth プロパティと FindWindowFindWindowByIDOutputBarSetFocusSetForegroundSetPosition メソッドを Window オブジェクトに追加しました。

Config プロパティDocument オブジェクトに追加しました。

設定プロパティのオブジェクト (AssociationItem オブジェクトAssociationList コレクションAssociationProp オブジェクトAutoSaveProp オブジェクトBackupProp オブジェクトConfig オブジェクトConfigs オブジェクト、 DisplayItem オブジェクト、 DisplayList コレクション、 DisplayProp オブジェクト、 FileNewProp オブジェクト、 FileSaveProp オブジェクト、 FileProp オブジェクト、 FontItem オブジェクト、 FontList コレクション、 FontProp オブジェクトGeneralProp オブジェクト、 HighlightItem オブジェクト、 HighlightList コレクションHighlightProp オブジェクト、 IndentProp オブジェクト、 KeyboardItem オブジェクトKeyboardList コレクション、 KeyboardProp オブジェクト、 LinkProp オブジェクトMarkProp オブジェクト、 NoWrapItem オブジェクト、 NoWrapList コレクションNoWrapProp オブジェクトPrintProp オブジェクトScrollProp オブジェクトWrapProp オブジェクト) を追加しました。

GetLine メソッドGetLines メソッドDocument オブジェクトに追加しました。

Configs メソッドEditor オブジェクトに追加しました。

OutputBar オブジェクトを追加しました。

フリー カーソル モードが利用可能になりました (設定プロパティの [基本] タブの [フリー カーソル モード] チェック ボックス)。

USB メモリにインストール可能になりました。

[マウス アクティビティと他のアプリケーションへのキーボード入力を記録する] チェック ボックス、[マウスのすべての移動を記録する] チェック ボックス、[Sleep メソッドを挿入する最小アイドル時間] テキスト ボックスを [マクロのカスタマイズ] ダイアログ ボックス[オプション] タブに追加しました。

新プラグイン [プロジェクト] プラグイン、[検索バー] プラグイン、[HTML バー] プラグイン[単語補完] プラグインを追加しました。

[マクロ ツール バー] コマンド[ツール バーを最新の情報に更新] コマンド、[すべてのアクティビティをマクロに記録] コマンド、[マウスとキー入力以外のアクティビティをマクロに記録] コマンド[左カスタム バー] コマンド、[上カスタム バー] コマンド[右カスタム バー] コマンド[下カスタム バー] コマンドを追加しました。

[置換] コマンド[大文字に変換] コマンド[小文字に変換] コマンド[単語の最初の文字を大文字に変換] コマンド[半角に変換] コマンド[全角に変換] コマンドで箱型選択でも変換できるようになりました。

フォーム フィード コード (U+000C) を含む文書を印刷すると、改ページするようになりました。

文字色、背景色に「透明」を指定できるようになりました。

[タブ/インデント] ダイアログ ボックスに、[折り返しインデント] チェック ボックスが追加されました。

[カスタマイズ] ダイアログ ボックス[ウィンドウ] タブに、[ワークスペースの自動保存] チェック ボックスと[ワークスペースの自動復元] チェック ボックスが追加されました。

設定のプロパティの [強調(1)] タブに、[行の右全部を強調] チェック ボックスが追加されました。

設定のプロパティの [スクロール] タブに、[スムーズ スクロール] チェック ボックスと[スムーズ スクロール] スライダが追加されました。

マクロからライブラリを含むことができるようになりました (#include 指示子)。

新しいコマンドライン オプション (/ne)を追加しました。

[ジャンプ] ダイアログ ボックスに、[桁] テキスト ボックスを追加しました。

保存されていない文書が 2 個以上あるときにすべて閉じると、[変更を保存しますか] のメッセージ ボックスで、[すべてに適用] チェック ボックスが表示されるようになりました。

EE_INFO メッセージ (Editor_Info インライン関数Editor_DocInfo インライン関数) に、EI_GET_CURRENT_FOLDER と EI_IS_LARGE_DOC コマンドを追加しました。

[外部ツールのプロパティ] ダイアログ ボックスに、[出力エンコード] ドロップダウン リスト ボックスが追加されました。

アクティブなタブ上に閉じるボタンを表示したり、すべてのタブ上に閉じるボタンを表示できるようになりました ([閉じるボタン] ドロップダウン リスト ボックス)。

タブ上に書き換え禁止アイコンを表示できるようになりました ([書き換え禁止アイコンを表示] チェック ボックス)。

検索ドロップダウン リストで、Alt + Delete キーを押して履歴の項目をクリアできるようになりました。

ユーザー定義のメニューを使用して、2 ストローク キーを定義できるようになりました。ユーザー定義のメニューには、遅延時間が指定できるようになりました ([遅延時間] スライダ)。

設定のプロパティの [表示] タブに、[テーマ] ドロップダウン リスト ボックス、[>] ボタン、[文字間] テキスト ボックスを追加しました。

イベント駆動マクロが定義できるようになりました ([イベント] ボタン、[イベントで実行] チェック ボックス、[イベント] テキスト ボックス、[イベントの選択] ダイアログ ボックス)。

Windows Vista では、[ファイルを開く]/[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが Windows Vista のデザインになり、Windows Vista の機能である以前のバージョンのファイルへのアクセスが容易になりました。

上書きインストールの場合、インストール先フォルダが変更できないようになりました。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.