Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 使い方 > 各種設定

EmEditor 使い方: 新しい構文ファイルを作成するには

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 使い方 - 各種設定

新しい構文ファイルを作成するには

1.最初に現在の構文ファイルをエクスポートします。現在の構文ファイルをエクスポートするには、Perl などの構文強調が提供されている設定を選択します。[ツール] メニューから [現在の設定のプロパティ] を選択し、[強調(1)] タブを選択します。[エクスポート] ボタンをクリックして、構文ファイルの保存先を指定して保存します。

2.エクスポートされた構文ファイルを開き、ファイルの中身を調べます。オプションを指定したり、新しい構文ファイルに関するキーワードに置き換えます。これらのオプションは、プロパティの [強調(1)] タブと [強調(2)] タブの設定に対応しています。

#Highlight=

on を指定すると文字列強調を有効にし、off を指定すると無効にします。

#BeginTag=

タグ開始文字を 1 文字で指定します。

#EndTag=

タグ終了文字を 1 文字で指定します。

#CommentBegin=

複数行コメントの開始文字列を指定します。たとえば、C++では/*を指定します。

#CommentEnd=

複数行コメントの終了文字列を指定します。たとえば、C++では*/を指定します。

#LineComment1=

行コメントを開始する文字列を指定します。たとえば、C++では//を指定します。

#LineComment2=

行コメントを開始する別の文字列がある場合はここに指定します。

#SingleQuote=

on を指定すると 1 重引用符で囲まれた文字列が強調表示され、off を指定すると強調表示しません。

#DoubleQuote=

on を指定すると 2 重引用符で囲まれた文字列が強調表示され、off を指定すると強調表示しません。

#ContinueQuote=

on を指定すると引用文字列が次の行に続き、off を指定すると続きません。

#Escape=

引用符のエスケープ文字を指定します。

#ScriptBegin=

スクリプト開始文字列を指定します。

#ScriptEnd=

スクリプト終了文字列を指定します。

#SpecialSyntax=

HTML とスクリプト言語の混在に応じて HTML、HTML-Embedded、off のいずれかを指定します。

#SpecialSyntax=HTML は、<SCRIPT type=...>で始まるスクリプトが HTML ファイルに含まれている場合や、<%で始まるスクリプトを含む ASP ファイルで利用されます。これらのスクリプトには通常 VBScript、JavaScript、PerlScript、CSS を含みます。

#SpecialSyntax=HTML-Embedded は、PHP や JSP のように<?や<%など #ScriptBegin で指定した文字列から始まるスクリプトを含む HTML ファイルに利用されます。

#HighlightBraces=

on を指定すると対応するかっこを強調します。off を指定すると強調しません。

#Keyword=

次のオプションを含みます。

color= 強調色を指定します。この色はプロパティの [表示] タブの一覧の強調単語(1)〜(10)で調べることができます。

word= キーワードが単語のみで強調する場合に on を指定します。たとえば、キーワードが run で word=on を指定していると、runner の中の run の部分は強調されません。

rightall= キーワードの右側もすべて強調したい場合は on を指定します。

case= 大文字と小文字を区別したい場合は on を指定します。

insidetag= タグの内側だけ強調したい場合に on を指定します。

regexp= 正規表現を使って一致した文字列を強調したい場合に on を指定します。

3.構文ファイルが完成して保存したら、新しい設定を作成してその構文ファイルをインポートするか、既に存在する設定にその構文ファイルをインポートすることができます。

ヒント

構文ファイルのエスケープ文字は「^」です。次の 3 文字はエスケープする必要があります。「#」、「;」、「^

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.