Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 使い方 > ファイル操作

EmEditor 使い方: EmEditor で編集できるファイルは

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 使い方 - ファイル操作

EmEditor で編集できるファイルは

EmEditor は、Unicode、Unicode big endian、UTF-8、UTF-7 をはじめ、バルト言語、中央ヨーロッパ言語、簡体字中国語、繁体字中国語、キリル言語、ギリシャ語、日本語 JIS、日本語 EUC、日本語シフト JIS、韓国語、韓国語 EUC、タイ語、トルコ語、ベトナム語、西ヨーロッパ言語など、Windows のシステムにインストールされているすべてのエンコードが利用できます。

Windows 2000/XP/2003 の場合、コントロール パネルの [地域と言語のオプション] を選択し、[言語] タブの [補足言語サポート] でインストールしたい追加の言語をチェックすることにより、さらに多くの言語を利用できます。また、[詳細設定] タブの [コード ページ変換テーブル] で、利用したいエンコードにチェックをします。

利用したいエンコードは、[エンコードの定義] ダイアログ ボックスで追加できます。

改行マークには、CR+LF 以外に、CR のみ、LF のみを混合して扱うことができます。

注意

Unicode が利用できますが、アラビア語、ヘブライ語のような右から左へ書く言語は正しく編集できません。また、Unicode の制御文字はすべてに対応していません。

Unicode が利用できますが、フォントによって表示できる文字に制限があります。使用する言語により適切なフォントを選択する必要があります。

Null 文字を含むファイルを開くと、Null 文字がスペースに置き換わります。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.