Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > 使い方 > 検索

EmEditor 使い方: 復帰改行の指定方法

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - 使い方 - 検索

改行の指定方法

各種検索時に改行の指定方法は次のようになります。

[検索] ダイアログ ボックス、[置換] ダイアログ ボックス - 検索する文字列、置換後の文字列

[正規表現を使用する] がオン

\n または \r\n (どちらでも同じ意味)

[正規表現を使用する] がオフ (エスケープ シーケンスを使用する)

\n または \r\n (どちらでも同じ意味)

[ファイルから検索] ダイアログ ボックス、[ファイルから置換] ダイアログ ボックス - 検索する文字列

[正規表現を使用する] がオン

\r\n、\r、または \n (実際の改行方法に依存)

[正規表現を使用する] がオフ (エスケープ シーケンスを使用する)

\n または \r\n (どちらでも同じ意味)

[ファイルから置換] ダイアログ ボックス - 置換後の文字列

 

[変更したファイルを開いたままにする] がオン

[変更したファイルを開いたままにする] がオフ

[正規表現を使用する] がオン

\r\n、\r、または \n (実際の改行方法に依存)

\r\n、\r、または \n (実際の改行方法に依存)

[正規表現を使用する] がオフ (エスケープ シーケンスを使用する)

\n または \r\n (どちらでも同じ意味)

\r\n、\r、または \n (実際の改行方法に依存)

ヒント

「\n または \r\n (どちらでも同じ意味)」の場合、CR+LF、CR のみ、LF のみを区別して検索することができません。

「\r\n、\r、または \n (実際の改行方法に依存)」の場合、実際の改行方法が CR+LF ならば \r\n と、CR のみならば \r と LF のみならば \n と指定する必要があります。通常、Windows では CR+LF つまり \r\n を利用します。Macintosh では CR のみ (\r) を Unix では LF のみ (\n) を利用します。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.