Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > Document オブジェクト > メソッド

EmEditor マクロ リファレンス: InsertColumn メソッド

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - Document オブジェクト

InsertColumn メソッド

CSV モードで指定する列位置に新しい列を挿入します。

[JavaScript]

document.InsertColumn( iColumn, strInsert, strDelimiter, flags, yTop, yLines );

[VBScript]

document.InsertColumn( iColumn, strInsert, strDelimiter, flags, yTop, yLines )

パラメータ

iColumn

列のインデックスを指定します。

strInsert

挿入する文字列を指定します。文字列は、strDelimiter で指定される区切り文字で区切ることができます。

strDelimiter

strInsert で指定された文字列を区切る区切り文字列を指定します。これが空の場合、列のすべてのセルで同じ文字列が使用されます。

flags

次のいずれかの値を指定します。

eeAutoQuote

文字列に区切り文字、改行、引用符が含まれていないかを確認し、必要なら自動的にエスケープを行い、引用符を追加します。

eeDontQuote

上の処理を行いません。

eeAlwaysQuote

常に引用符を追加します。

yTop

挿入する最初の行の行番号を指定します。0 または省略すると、最初の行を指定します。

yLines

行数を制限として指定します。0 または省略すると、制限は指定されません。

次の例は、CSV文書の3列目の左側に空の列を挿入し、各行毎に、1列目と2列目を結合して3列目として設定します。このマクロを実行する前に、CSV文書がアクティブになっている必要があります。区切り文字として、改行文字 \n, Chr(10) を使用しているため、各セルに改行文字が含まれていないと仮定しています。

[JavaScript]

nLines = document.GetLines() - 1;

s3 = "";

for( y = 1; y <= nLines; y++ ) {

   s1 = document.GetCell( y, 1, eeCellIncludeNone );

   s2 = document.GetCell( y, 2, eeCellIncludeNone );

   s3 += s1 + " " + s2 + "\n";

}

document.InsertColumn( 3, s3, "\n", eeAutoQuote );

[VBScript]

nLines = document.GetLines() - 1

s3 = ""

For y = 1 To nLines

   s1 = document.GetCell( y, 1, eeCellIncludeNone )

   s2 = document.GetCell( y, 2, eeCellIncludeNone )

   s3 = s3 + s1 + " " + s2 + Chr(10)

Next

document.InsertColumn 3, s3, Chr(10), eeAutoQuote

バージョン

EmEditor Professional Version 16.7 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.