Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > Document オブジェクト > メソッド

EmEditor マクロ リファレンス: Sort メソッド

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - Document オブジェクト

Sort メソッド

文書を並べ替えます。

[JavaScript]

document.Sort( strColumns, flags, strLocale );

[VBScript]

document.Sort strColumns, flags, strLocale

パラメータ

strColumns

(CSV 文書がアクティブの場合、カンマで区切られた列の 1 を基底とするインデックスと) フラグの組み合わせを指定します。この文字列は空にすることはできません。フォーマットは以下の通りです。

 

例えば、"1>A+,3>N-" は、1 列目がABC順で 3 列目が数字の大から小へ並べ替えることを意味します。この文字列は空にすることはできません。

構文:

[n >] option (+/-) [, n > option (+/-) , ...]

n>: 1 以上の整数の後「>」サインを続けます。CSV 文書の指定する列で並べ替えます。CSV 文書でない場合、または行全体を並べ替える場合、このフィールドは省略することができます。

option: 以下のテーブルから並べ替えオプションを選択します。

A

テキストを並べ替えます。

D

日付と時刻で並べ替えます。

I

IPv4 アドレスを並べ替えます。

P

IPv6 アドレスを並べ替えます。

L

文字数で並べ替えます。

N

数字を並べ替えます。

O

出現頻度で並べ替えます。

V

逆順に並べ替えます。

W

単語数で並べ替えます。

(+/-): 以下のテーブルから並べ替えオプションを選択します。

+

昇順。

-

降順。

例:

A+

行全体のテキストを昇順で並べ替えます。

N-

行全体の数字を降順で並べ替えます。

1>A+,3>N-"

1列目のテキストを昇順で並べ替え、その後 3列目の数字を降順に並べ替えます。

1>A+,3>D-,2>W-

1列目のテキストを昇順で並べ替え、3列目の数字を降順に並べ替え、その後 2列目の文字列を単語数で降順に並べ替えます。

flags

次の値の組み合わせを指定します。

eeSortBinaryComparison

ロケールを無視して、高速にバイナリ比較を行います。

eeSortDigitsAsNumbers

[AからZへ並べ替え] コマンドまたは [ZからAへ並べ替え] コマンドを使用時でも、数字が数として扱われます。例えば、「2」は「10」の前に並べ替えられます。

eeSortGroupIdentical

出現頻度で並べ替える時、同じ文字列をグループ化します。

eeSortIgnoreCase

大文字と小文字を区別しないで並べ替えます。

eeSortIgnoreKanaType

ひらがなとカタカナを区別しないで並べ替えます。

eeSortIgnoreNonSpace

場所を取らない文字を区別しないで並べ替えます。

eeSortIgnoreSymbols

記号を無視して並べ替えます。

eeSortIgnoreWidth

半角文字と全角文字の違いは無視されます。例えば、「Cat」と「cat」は同一とみなされます。全角文字は中国語と日本語の文章で使用されているフォーマットです。

eeSortIgnorePrefix

数字を並べ替える際、先頭の数字以外の文字は無視されます。

eeSortInspectNotSelOnly

箱型選択または複数選択が存在する時でも、行全体を調べます。strColumns パラメータが指定されている場合、このフラグは無視されます。

eeSortLengthView

[短い文字列から長い文字列へ並べ替え] コマンドまたは [長い文字列から短い文字列へ並べ替え] コマンドを使用時、全角文字が2文字として扱われます。

eeSortSelectionOnly

選択された行のみ並べ替えます。

eeSortStable

常に順位の位置関係を保ったままソートを行います。このフラグが指定されていると、指定されていない場合に比べて、通常、遅くなります。

eeSortStringSort

句読点が記号と同様に扱われます。

eeSortUnquoteCells

CSV 文書で引用符を取り除いた文字列で比較します。例えば、セル文字列が "a""b" の場合、実際に比較する文字列は a"b になります。

strLocale

並べ替えで使用するロケールを指定します。これが空の場合、カスタマイズ ダイアログ ボックスで指定されているロケールを使用します。

戻り値

戻り値は、見つかった重複行の数になります。

バージョン

EmEditor Professional Version 16.4 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.