Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > Editor オブジェクト > メソッド

EmEditor マクロ リファレンス: Compare メソッド

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - Editor オブジェクト

Compare メソッド

2個の文書を比較します。

[JavaScript]

n = editor.Compare( nFlags, strDocument1, strDocument2, strResultFileName );

[VBScript]

n = editor.Compare( nFlags, strDocument1, strDocument2, strResultFileName )

パラメータ

nFlags

次の値を組み合わせて指定します。

eeCompareGenerateReport

レポート ファイルを作成します。ファイルのパスは strResultFileName パラメータに指定する必要があります。

eeCompareOpenReport

レポート ファイルを開きます。eeCompareGenerateReport も指定する必要があります。

eeCompareQuality1

近くの行のみを検索する最も速い方法。

eeCompareQuality2

より速い方法。

eeCompareQuality3

中間の速度。

eeCompareQuality4

より正確な方法。

eeCompareQuality5

最も正確な方法で最も多くの行を検索します。

eeCompareQuiet

メッセージを表示しません。

eeCompareReport3Col

3列のフォーマットでレポートを出力します。

eeCompareReportDiffOnly

異なる行のみをレポートします。

eeCompareReset

比較や同期スクロールをリセットして比較結果をクリアします。

eeCompareResetAfter

比較とレポート作成の後、比較や同期スクロールをリセットして比較結果をクリアします。eeCompareGenerateReport も指定する必要があります。

eeCompareRestorePos

終了時、ウィンドウ位置を復元します。

eeCompareSwitchNoWrap

折り返さないに切り替えます。

eeCompareSyncCaret

カーソル位置を同期します。

eeCompareSyncScrollHorz

水平スクロールを同期します。

eeCompareSyncScrollOnly

比較は行わず、同期スクロールのみを行います。

eeCompareSyncScrollVert

垂直スクロールを同期します。

eeCompareTileHorz

文書を上下に並べます。

eeCompareTileVert

文書を左右に並べます。

eeIgnoreCases

大文字小文字の区別を無視します。

eeIgnoreComments

コメントを無視します。

eeIgnoreEmbeddedSpaces

行の中間に埋め込まれた空白を無視します。

eeIgnoreEncodings

エンコードの違いを無視します。

eeIgnoreLeadSpaces

行頭の空白を無視します。

eeIgnoreNewlines

改行コードの違いを無視します。

eeIgnoreTrailingSpaces

行末の空白を無視します。

strDocument1

第1文書を特定する文字列を指定します。この値は、ファイル名、完全パスの付いたファイル名、またはコロン (:) で始まる現在のグループ内の文書のインデックスになります。例えば、"filename.csv"、"C:\data\filename.csv" (JavaScript の場合は、"C:\\data\\filename.csv") 、または ":2" と指定することができます。strDocument1 と strDocument2 の両方が空の文字列の場合、EmEditor は最近使用された 2 個のファイルを選択します。

strDocument2

第2文書を特定する文字列を指定します。この値のフォーマットは strDocument1 と同じです。

strResultFileName

nFlags パラメータに COMPARE_GENERATE_REPORT が指定されていると、EmEditor は比較のレポートを指定するファイル名で保存します。

戻り値

戻り値は次のいずれかの値になります。

eeDiff

2個の文書は同じではありません。

eeMatched

2個の文書は同じです。

eeMatchedIgnored

2個の文書は無視した場所を除き同じです。

バージョン

EmEditor Professional Version 17.7 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.