Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > Editor オブジェクト > メソッド

EmEditor マクロ リファレンス: ExecutePlugin メソッド

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - Editor オブジェクト

ExecutePlugin メソッド

指定するプラグインを実行します。

[JavaScript]

nResult = editor.ExecutePlugin( strPluginFileName, nFlags, nParam, strParam );

[VBScript]

nResult = editor.ExecutePlugin( strPluginFileName, nFlags, nParam, strParam )

パラメータ

strPluginFileName

プラグインのファイル名を指定します。

nFlags

次の値の組み合わせを指定します。eePluginExecuteCommand、eePluginUserMessage、および eePluginQueryStatus は、どれか 1 つだけ指定する必要があります。

eePluginExecuteCommand

ユーザーがプラグイン コマンドを選択したかのようにプラグインを実行します。これが指定されていると、nParam と strParam パラメータは無視されます。

eePluginUserMessage

nParam と strParam パラメータを使用して、プラグインにメッセージを送ります 。

eePluginQueryStatus

プラグインの状態を取得します。これが指定されていると、nParam と strParam パラメータは無視されます。

eePluginAbsolutePath

strPluginFileName にはファイルへの完全パスが含まれます。このフラグが指定されていない場合は、プラグインは既定のプラグインフォルダ (EmEditor インストール フォルダの中の PlugIns サブ フォルダ) に存在する必要があります。

nParam

プラグインに送る整数パラメータを指定します。このパラメータの意味は各プラグインに依存します。これが省略されると、0 を指定することになります。

strParam

プラグインに送る文字列パラメータを指定します。このパラメータの意味は各プラグインに依存します。これが省略されると、空の文字列を指定することになります。

戻り値

エラーが発生すると戻り値は負の数になります。そうでなければ、eePluginExecuteCommand が指定されると、戻り値は 0 になります。eePluginUserMessage が指定されると、戻り値の意味は各プラグインに依存します。eePluginQueryStatus が指定されると、戻り値は次の値の組み合わせになります。

eeStatusEnabled

プラグインは有効です。

eeStatusLatched

プラグインはチェックされています。

[JavaScript]

editor.ExecutePlugin( "Snippets.dll", eePluginUserMessage, 0, "<${1:p}>${2:${SelText}}</$1>$0" );

editor.ExecutePlugin( "Snippets.dll", eePluginUserMessage, 1, "General\\Date" );

[VBScript]

editor.ExecutePlugin "Snippets.dll", eePluginUserMessage, 0, "<${1:p}>${2:${SelText}}</$1>$0"

editor.ExecutePlugin "Snippets.dll", eePluginUserMessage, 1, "General" & Chr(92) & "Date"

バージョン

EmEditor Professional Version 15.5 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.