Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > PopupMenu オブジェクト > メソッド

EmEditor マクロ リファレンス: MsgBox メソッド

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - PopupMenu オブジェクト

MsgBox メソッド

オブジェクトにより提供された情報をもとにダイアログ ボックスを表示して、選択されたボタン、ラジオ ボタン、またはコマンド リンクの ID を返します。このメッセージはセパレータとサブ メニューを無視します。

[JavaScript]

id = popupmenu.MsgBox( message, message2, flags );

[VBScript]

id = popupmenu.MsgBox( message, message2, flags )

パラメータ

strMessage

表示する文字列を指定します。

strMessage2

省略可能。最初のメッセージの下に表示する追加の文字列を指定します。

flags

省略可能。次の値の組み合わせを指定します。eeCommandLinks と eeRadioButtons は同時に指定することはできません。

eeCommandLinks

メニュー項目がプッシュ ボタンの代わりにコマンド リンクとして表示されることを示します。

eeRadioButtons

メニュー項目がプッシュ ボタンの代わりにラジオ ボタンとして表示されることを示します。

eeHideStopMacro

ダイアログ ボックスから [マクロの停止] チェック ボックスを非表示にします。

eeIconStop

ダイアログ ボックスに停止サインのアイコンを表示します。

eeIconExclamation

ダイアログ ボックスに感嘆符のアイコンを表示します。

eeIconInformation

ダイアログ ボックスに丸の中に小文字の i があるアイコンを表示します。

[JavaScript]

menu = CreatePopupMenu();

menu.Add( "Button 1", 1, eeMenuChecked );

menu.Add( "Button 2", 2 );

result = menu.MsgBox( "Header", "Body", eeIconInformation );

if( result != 0 ) alert( menu.GetText( result ) );

result = menu.MsgBox( "Header", "Body", eeCommandLinks | eeIconExclamation );

if( result != 0 ) alert( menu.GetText( result ) );

result = menu.MsgBox( "Header", "Body", eeRadioButtons | eeIconStop | eeHideStopMacro );

if( result != 0 ) alert( menu.GetText( result ) );

[VBScript]

Set menu = CreatePopupMenu()

menu.Add "Button 1", 1, eeMenuChecked

menu.Add "Button 2", 2

result = menu.MsgBox( "Header", "Body", eeIconInformation )

If result <> 0 Then alert( menu.GetText( result ) )

result = menu.MsgBox( "Header", "Body", eeCommandLinks Or eeIconExclamation )

If result <> 0 Then alert( menu.GetText( result ) )

result = menu.MsgBox( "Header", "Body", eeRadioButtons Or eeIconStop Or eeHideStopMacro )

If result <> 0 Then alert( menu.GetText( result ) )

バージョン

EmEditor Professional Version 20.9 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.