Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > Selection オブジェクト > メソッド

EmEditor マクロ リファレンス: Find メソッド

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - Selection オブジェクト

Find メソッド

指定した文字列を検索します。

[JavaScript]

nFound = document.selection.Find( strFind, nFlags[, nExFlags] );

[VBScript]

nFound = document.selection.Find( strFind, nFlags[, nExFlags] )

引数

strFind

検索する文字列を指定します。

nFlags

次の値の組み合わせを指定します。

eeFindAround

文末まで検索したら文頭に移動し、文頭まで検索したら文末に移動します。

eeFindBookmark

見つかった行にブックマークを設定します。

eeFindCount

文字列の一致する数を数えます。

eeFindExtract

見つかった行を抽出して新規文書を作成します。eeFindFileAndLine、eeFindFileNamesOnly、eeFindLineOnly、または eeFindMatchedOnly と組み合わせて指定します。これらのフラグが指定されない場合には、eeFindLineOnly が指定されたとみなされます。

eeFindFileAndLine

ファイル名、行番号、および検索した文字列を含む行の内容が結果として表示されます。eeFindExtract と組み合わせて使用します。eeFindFileNamesOnly、eeFindLineOnly または eeFindMatchedOnly と組み合わせて指定できません。

eeFindFileNamesOnly

ファイル名のみ表示します。eeFindExtract と組み合わせて使用します。eeFindFileAndLine、eeFindLineOnly または eeFindMatchedOnly と組み合わせて指定できません。

eeFindLineOnly

検索した文字列を含む行の内容だけが結果として表示されます。eeFindExtract と組み合わせて使用します。eeFindFileAndLine、eeFindMatchedOnly または eeFindFileNamesOnly と組み合わせて指定できません。

eeFindMatchedOnly

一致した文字列のみが結果として表示されます。eeFindExtract と組み合わせて使用します。eeFindFileAndLine、eeFindFileNamesOnly または eeFindLineOnly と組み合わせて指定できません。

eeFindNext

カーソル位置から下方向に検索します。

eeFindMatchDotNL

正規表現「.」が改行コードに一致することができます。

eeFindOutput

抽出結果をアウトプット バーに表示します。eeFindExtract と組み合わせて使用します。

eeFindPrevious

カーソル位置から上方向に検索します。

eeFindReplaceCase

大文字と小文字を区別して検索します。

eeFindReplaceEmbeddedNL

CSV文書に埋め込まれた改行コードを検索し、その他の改行コードは検索しません。これを指定した場合には、CR と LFは常に区別されます。

eeFindReplaceEscSeq

文字列をエスケープ シーケンスで指定します。eeFindReplaceRegExp と組み合わせて指定できません。

eeFindReplaceOnlyWord

単語のみを検索します。

eeFindReplaceOpenDoc

同じフレーム ウィンドウ内に開いているすべての文書から検索します。

eeFindReplaceQuiet

指定した文字列が見つからなかった場合、ステータス バーにメッセージを表示しません。

eeFindReplaceRegExp

文字列を正規表現で指定します。eeFindReplaceEscSeq と組み合わせて指定できません。

eeFindReplaceSelOnly

選択範囲のみ検索します。

eeFindSaveHistory

次の検索用に、検索文字列を保存します。

eeFindSelectAll

一致する文字列をすべて選択します。

nExFlags

次の値の組み合わせを指定します。ただし、eeExFindRegexBoost と eeExFindRegexOnigmo は、どちらか一方のみ指定できます。どちらも指定されない場合には、既定の正規表現エンジンを使用します。

eeExFindRegexBoost

正規表現エンジンとして Boost.Regex を使用します。

eeExFindRegexOnigmo

正規表現エンジンとして Onigmo を使用します。

eeExFindSeparateCRLF

CR と LF を区別します。

戻り値

文字列が見つかった場合は 1 を返します。見つからない場合は 0 を返します。ただし、eeFindCount、eeFindBookmark、eeFindSelectAll、eeFindExtract フラグが指定されている場合、戻り値は文書内で一致した文字列の数になります。

バージョン

EmEditor Professional Version 4.00 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.