Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > チュートリアル

EmEditor マクロ リファレンス: 選択範囲を変更する

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - チュートリアル

選択範囲を変更する

選択範囲を変更するために、チュートリアルのマクロに、次のように 6 行目を追加します。

[JavaScript]

document.selection.Text = "EmEditor supports macros.";

document.selection.NewLine();

document.selection.Text = "\tEmEditor is a text editor.";

document.selection.CharLeft( false, 12 );

document.selection.DeleteLeft( 15 );

document.selection.CharRight( true, 9 );

[VBScript]

document.selection.Text = "EmEditor supports macros."

document.selection.NewLine

document.selection.Text = Chr(9) & "EmEditor is a text editor."

document.selection.CharLeft False, 12

document.selection.DeleteLeft 15

document.selection.CharRight True, 9

上記のマクロを保存して別の EmEditor ウィンドウで実行すると、

text editor.

のように、text edit の部分が選択されて表示されます。

CharRight メソッドの第 1 引数に true を指定したため、単にカーソルを移動するだけでなく、選択範囲も変更することを示しています。つまり、キーボードの Shift キーを押しながら右向き矢印キーを押すことを示しています。

同様にカーソル位置を移動するためのほとんどメソッドで、選択範囲を変更する引数が利用できます (カーソルを移動するを参照してください)。

その他、選択範囲を変更するために、次のメソッドが用意されています。

SelectAll

開いている文書の全体を選択します。Ctrl + A に相当。

SelectLine

カーソル位置の行を選択します。

SelectWord

カーソル位置の単語を選択します。

Collapse

選択を解除します。Esc キーに相当。

また、次のプロパティで、選択範囲の状態を調べたり設定することができます。

IsActiveEndGreater

アクティブ ポイントが選択範囲の下部と一致しているかどうかを示します。

IsEmpty

選択範囲が空かどうかを示します。

Mode

選択の種類 (箱型選択、行選択など) を取得、または設定します。

次のトピック

q 選択範囲の文字を変換する

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.