Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > チュートリアル

EmEditor マクロ リファレンス: 文字を挿入する

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - チュートリアル

文字を挿入する

マクロを使って文字を挿入するには、Text プロパティを利用します。チュートリアルで保存されたファイルを次のように書き換えてみます。

[JavaScript]

document.selection.Text = "EmEditor supports macros.";

document.selection.NewLine();

document.selection.Text = "\tEmEditor is a text editor.";

[VBScript]

document.selection.Text = "EmEditor supports macros."

document.selection.NewLine

document.selection.Text = Chr(9) & "EmEditor is a text editor."

2行目に追加された NewLine メソッドは、カーソル位置に改行を挿入するというものです。また、3行目には、文字列の最初にタブ文字を挿入しています。タブ文字は、JavaScript では、"\t" で表現することができ、VBScript では Chr(9) と表記することができます。Chr(9) の代わりに vbTab という定数を利用することもできます。

以下に、両者のスクリプト言語で利用できる主な定数 (表記) の一覧を説明します。

[JavaScript]

\b

\u0008

バックスペース。

\t

\u0009

水平タブ。

\n

\u000a

改行。

\f

\u000c

フォームフィード。

\r

\u000d

復帰。

\"

\u0022

2 重引用符

\'

\u0027

1 重引用符

\\

\u005c

バックスラッシュ

\xXX

 

2 桁の 16 進数で表記された Latin-1 文字

\uXXXX

 

4 桁の 16 進数で表記された Unicode 文字

g 参考:JScript 特殊文字 (Microsoft MSDN ライブラリ)
[VBScript]

vbCr

Chr(13)

復帰。

vbCrLf

Chr(13) & Chr(10)

復帰改行。

vbFormFeed

Chr(12)

フォーム フィード。

vbLf

Chr(10)

改行。

vbNewLine

Chr(13) & Chr(10) または Chr(10)

プラットフォーム固有の改行文字。Windowsでは vbCrLfと同じです。

vbTab

Chr(9)

水平タブ

vbVerticalTab

Chr(11)

垂直タブ

g 参考:VBScript 文字列の定数 (Microsoft MSDN ライブラリ)

注意

復帰改行を表す文字には、\r (CR) と \n (LF) が存在し、これらは厳密に区別する必要があります。例えば、document.selection.Text = "\n"; とすると、改行文字 (LF) だけが挿入され復帰文字 (CR) が挿入されないため、Windows の通常のファイルの改行方法と異なります。EmEditor で改行キーを押したときは、その行で使用されている復帰改行 (CR のみ、LF のみ、または CR+LF) を利用して挿入しています。EmEditor の改行を押す場合と同じ操作を行いたい場合は、NewLine メソッドまたは writeln メソッドを利用することを推奨します。

次のトピック

q カーソルを移動する

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.