Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > チュートリアル

EmEditor マクロ リファレンス: 文字列を置換する

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - チュートリアル

文字列を置換する

文字列を置換するために、チュートリアルのマクロに、次のように 9 行目と 10 行目を追加します。

[JavaScript]

document.selection.Text = "EmEditor supports macros.";

document.selection.NewLine();

document.selection.Text = "\tEmEditor is a text editor.";

document.selection.CharLeft( false, 12 );

document.selection.DeleteLeft( 15 );

document.selection.CharRight( true, 9 );

document.selection.ChangeCase( eeCaseUpperCase );

if( document.selection.Find( "Em", eeFindPrevious ) )  alert( "見つかりました!" );

n = document.selection.Replace( "editor", "######", eeReplaceAll );

alert( n + " 個の文字列が見つかりました!" );

[VBScript]

document.selection.Text = "EmEditor supports macros."

document.selection.NewLine

document.selection.Text = Chr(9) & "EmEditor is a text editor."

document.selection.CharLeft False, 12

document.selection.DeleteLeft 15

document.selection.CharRight True, 9

document.selection.ChangeCase eeCaseLowerCase

If document.selection.Find( "Em", eeFindPrevious ) Then alert "見つかりました!"

n = document.selection.Replace( "editor", "######", eeReplaceAll )

alert n & " 個の文字列が見つかりました!"

上記のマクロを保存して別の EmEditor ウィンドウで実行すると、大文字と小文字を区別せずに 2 個の "editor" という文字列が "######" に置き換わり、最後に「2個の文字列が見つかりました!」というメッセージ ボックスが表示されるはずです。

Replace メソッドは、第 1 引数で検索する文字列を指定し、第 2 引数で置換後の文字列を指定し、第 3 引数で様々なフラグの組み合わせを指定します。戻り値は置換した文字列の数を返します。第 3 引数で、eeReplaceAll を指定した場合は、すべて一度に置換を行うので、戻り値は 1 以上の数値を返すこともあります。第 3 引数で指定できるフラグについて、詳しくは、Replace メソッドの引数の説明を参照してください。

Find メソッドの場合と同様、Replace メソッドの場合も、通常、検索した文字列が見つからなくても、マクロの実行が停止することはありませんが、例外として、[マクロ] メニューの [一時オプションを設定して実行] コマンドを選択して、[マクロ一時オプション] ダイアログ ボックスを表示し、[検索に失敗したら中止] チェック ボックスをチェックして実行すると、検索した文字列が見つからなかった場合に、マクロの実行が停止されます。詳しくは、チュートリアルの文字列を検索するを参照してください。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.