Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > マクロ リファレンス > チュートリアル

EmEditor マクロ リファレンス: マクロの保存

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - EmEditor マクロ リファレンス - チュートリアル

マクロの保存

記録したマクロを保存するには、[マクロを保存] コマンド ([マクロ] メニューの [名前を付けて保存]) を選択します。すると、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックス上部の [保存する場所] には、既定では、「My Macros」と表示されているはずです。このフォルダは、EmEditor によって作成されたものであり、My Documents の中に作成されます。この既定のフォルダを変更したい場合は、[マクロのカスタマイズ] コマンド ([マクロ] メニューの [カスタマイズ]) を選択し、[マクロのカスタマイズ] ダイアログ ボックス[オプション] タブで変更することができます。

ダイアログ ボックスの下部の [ファイルの種類] では、保存したいスクリプト言語の種類を JavaScript または VBScript から選択できます。どちらのスクリプト言語を選択するかは好みの問題であり、EmEditor はどちらのスクリプト言語でも、まったく同じマクロの機能を提供します。このチュートリアルでも、両方のスクリプト言語の場合について解説します。

ファイル名には、保存したいファイルの名前を入力します。ここでは、

tutorial

と入力することにします。ここで拡張子を指定する必要はありません。ファイルの種類で、「JavaScript」を指定した場合は、.jsee (JavaScript for EmEditor の略) という拡張子が追加され、「VBScript」を指定した場合は、.vbee (VBScript for EmEditor の略) という拡張子が追加されます。

最後に、[保存] ボタンをクリックすると、指定したファイル名でさきほど記録したマクロが保存されます。それでは、次に保存したマクロ ファイルを実行してみましょう。

次のトピック

q マクロの実行

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.