Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > インライン関数

EmEditor プラグイン リファレンス: Editor_FindW

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - インライン関数

Editor_FindW

Unicode文字列を検索します。このインライン関数を使うか、または EE_FINDW メッセージを直接送ることができます。

Editor_FindW( HWND hwnd, UINT nFlags, LPCWSTR szFind );

パラメータ

hwnd

EmEditor ビューまたはフレームのウィンドウハンドルを指定します。

nFlags

次の値の組み合わせになります。

定数

説明

FLAG_FIND_AROUND

文末(文頭)まで検索したら、文頭(文末)に移動する。

FLAG_FIND_BOOKMARK

見つかった行にブックマークを設定します。

FLAG_FIND_CASE

大文字と小文字を区別します。

FLAG_FIND_COUNT

文字列の一致する数を数えます。

FLAG_FIND_EMBEDDED_NL

CSV文書に埋め込まれた改行コードを検索し、その他の改行コードは検索しません。

FLAG_FIND_ESCAPE

エスケープ シーケンスを使用します。

FLAG_FIND_EXTRACT

見つかった行を抽出して新規文書を作成します。

FLAG_FIND_FILTER

フィルター ツール バーを表示して指定する文字列に一致する行のみを表示します。このフラグが指定されている場合、FLAG_FIND_AROUND、FLAG_FIND_BOOKMARK、FLAG_FIND_COUNT、FLAG_FIND_EXTRACT、LAG_FIND_NEXT、FLAG_FIND_OPEN_DOC、FLAG_FIND_NO_PROMPT、FLAG_FIND_SEL_ONLY、FLAG_FIND_SAVE_HISTORY、または FLAG_FIND_SELECT_ALL とともに指定することはできません。

FLAG_FIND_NEGATIVE

フィルター ツール バーを表示して指定する文字列に一致する行を除外します。このフラグは、FLAG_FIND_FILTER フラグとともに指定する必要があります。

FLAG_FIND_NEXT

カーソル位置より下方向に検索します。これが指定されていない場合、上方向に検索します。

FLAG_FIND_NO_PROMPT

検索する文字列が見つからなくてもプロンプト ダイアログ ボックスを表示しません。

FLAG_FIND_ONLY_WORD

単語のみ選択します。

FLAG_OPEN_DOC

同じフレーム ウィンドウ内に開いているすべての文書から検索します。

FLAG_FIND_REG_EXP

正規表現を使って検索します。

FLAG_FIND_SAVE_HISTORY

次の検索用に、検索文字列を保存します。

FLAG_FIND_SELECT_ALL

一致する文字列をすべて選択します。

FLAG_FIND_SEL_ONLY

選択範囲のみ検索します。

szFind

検索する文字列 を指定します。

戻り値

文字列が見つかった場合は 1 を返します。見つからない場合は 0 を返します。ただし、eeFindCount フラグが指定されている場合、戻り値は文書内で一致した文字列の数になります。しかし、検索文字列がカーソル位置より指定した方向に見つからない場合は、残りの文書で一致している場合でも、戻り値は 0 になります。FLAG_FIND_FILTER が指定されている場合、戻り値は指定する文字列に一致する行数になります。指定文字列が空で FLAG_FIND_FILTER が指定されている場合、戻り値は -1 になります。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.