Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > インライン関数

EmEditor プラグイン リファレンス: Editor_GetDroppedFile

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - インライン関数

Editor_GetDroppedFile

最近ドロップされたファイルを取得します。このインライン関数を使うか、または EE_GET_DROPPED_FILE メッセージを直接送ることができます。

Editor_GetDroppedFile( HWND hwnd, int nIndex, LPWSTR pszBuf );

パラメータ

hwnd

EmEditor ビューまたはフレームのウィンドウ ハンドルを指定します。

nIndex

ドロップされたファイルのインデックスを指定します。0 を基底とするインデックスを指定します。-1 を指定すると、ドロップされたファイルの数を取得します。

pszBuf

ドロップされたファイル名を取得するバッファを指定します。バッファ サイズは、MAX_PATH の文字数である必要があります。nIndex に -1 を指定した場合、このパラメータには NULL を指定することができます。

戻り値

指定したインデックスのドロップされたファイルが存在する場合は 0 以外の値を返します。nIndex に -1 を指定すると、ドロップされたファイルの数を取得します。

バージョン

EmEditor Version 8.00 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.