Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス

EmEditor プラグイン リファレンス: インライン関数

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス

インライン関数

メッセージ

説明

Editor_AddRef

プラグインの参照数を1つ増加させます

Editor_ActivateTemp

新規文書として一時テキストを開きます。

Editor_CloseTemp

一時テキストを閉じます。

Editor_Convert

文字変換を行います

Editor_CustomBarOpen

カスタム バーを開きます。

Editor_CustomBarClose

カスタム バーを閉じます。

Editor_DevToView

デバイス座標 (クライアント座標) を表示座標に変換します

Editor_DocGetConfigA

指定する文書に選択されている設定の名前をANSI文字列で取得します

Editor_DocGetConfigW

指定する文書に選択されている設定の名前をUnicode文字列で取得します

Editor_DocGetLines

指定する文書の全体の行数を取得します。

Editor_DocGetModified

指定する文書が更新されているかどうかのフラグを取得します

Editor_DocInfo

実行中の EmEditor または指定するドキュメントに関する情報を取得または設定を行います。

Editor_DocSaveFileA

指定する文書を指定するファイルに保存します(ANSI)

Editor_DocSaveFileW

指定する文書を指定するファイルに保存します(Unicode)

Editor_DocSetConfigA

指定する文書に選択されている設定の名前をANSI文字列で設定します

Editor_DocSetConfigW

指定する文書に選択されている設定の名前をUnicode文字列で設定します

Editor_DoIdle

ツール バー、タイトル、タブなどの表示更新を行います。

Editor_EditTemp

新規文書として一時テキストを開きます。

Editor_EnumConfig

利用可能な設定の一覧を取得します。

Editor_EnumHighlight

強調文字列の一覧を取得します。

Editor_EmptyUndoBuffer

元に戻す、やり直しのバッファを空にします

Editor_ExecCommand

指定するコマンドIDを実行します

Editor_ExecPlugin

指定するプラグインを実行します

Editor_Filter

指定する文字列と設定で文書にフィルターをかけます。

Editor_FindA

ANSI文字列検索します

Editor_FindInFiles

指定するパスの複数のファイルから文字列を検索します。

Editor_FindInFilesA

指定するパスの複数のファイルから ANSI 文字列を検索します。

Editor_FindInFilesW

指定するパスの複数のファイルから Unicode 文字列を検索します。

Editor_FindRegex

正規表現を指定した文字列から検索します。

Editor_FindReplace

文字列を検索または置換します。

Editor_FindW

Unicode文字列を検索します

Editor_Free

指定するプラグインを開放します

Editor_GetAccelArray

ショートカット キーの配列を取得します。

Editor_GetAnchorPos

選択範囲の開始位置を取得します

Editor_GetAttr

クリップボード履歴にある特定の位置のテキストを消去します。

Editor_GetCaretPos

カーソル位置を取得します

Editor_GetCell

指定するセルのUnicodeテキストを取得します

Editor_GetClip

クリップボード履歴にある特定の位置でテキストを取得します。

Editor_GetClipPos

クリップボード履歴にある現在の位置を取得します。

Editor_GetCmdID

プラグインのコマンドIDを取得します。

Editor_GetColor

指定する部分の文字色、背景色、スタイルを取得します。

Editor_GetConfigA

選択されている設定の名前をANSI文字列で取得します。

Editor_GetConfigW

選択されている設定の名前をUnicode文字列で取得します

Editor_GetDroppedFile

最近ドロップされたファイルを取得します。

Editor_GetFilter

現在の文書にかけられているフィルターの文字列と設定を取得します。

Editor_GetLineA

指定する行のANSIテキストを取得します

Editor_GetLines

現在の文書の全体の行数を取得します

Editor_GetLineW

指定する行のUnicodeテキストを取得します

Editor_GetMargin

折り返し桁数を返します

Editor_GetModified

文書が更新されているかどうかのフラグを取得します

Editor_GetMultiSel

複数選択が利用可能な場合、指定する選択の情報を取得します。

Editor_GetOutlineLevel

指定する論理行のアウトラインのレベルを取得します。

Editor_GetOutputString

アウトプット バーにあるテキストを取得します。

Editor_GetPageSize

1ページのサイズを取得します

Editor_GetRef

指定するプラグインの参照数を返します。

Editor_GetRedraw

ウィンドウの再描画を行うかどうかのフラグを取得します。

Editor_GetScrollPos

スクロールバーの位置を取得します

Editor_GetSelEnd

選択テキストの終了位置を取得します

Editor_GetSelStart

選択テキストの開始位置を取得します

Editor_GetSelTextA

選択されているANSIテキストを取得します

Editor_GetSelTextW

選択されているUnicodeテキストを取得します

Editor_GetSelType

選択状態の種類を取得します

Editor_GetSelTypeEx

選択状態の種類を取得します

Editor_GetStatusA

ステータス バーに表示されている文字列をANSIで取得します。

Editor_GetStatusW

ステータス バーに表示されている文字列をUnicodeで取得します。

Editor_GetWord

カーソル位置の単語を返します。

Editor_GetVersion

バージョン番号を返します。

Editor_Help

指定するヘルプのページを表示します。

Editor_Info

実行中の EmEditor または現在アクティブなドキュメントに関する情報を取得または設定を行います。

Editor_InsertA

カーソル位置にANSI文字列を挿入します

Editor_InsertClip

クリップボード履歴にある特定の位置にテキストを入力します。

Editor_InsertFileA

指定するファイルの中身をカーソル位置に挿入します(ANSI)

Editor_InsertFileW

指定するファイルの中身をカーソル位置に挿入します(Unicode)

Editor_InsertStringA

カーソル位置にANSI文字列を挿入または上書きします

Editor_InsertStringW

カーソル位置にUnicode文字列を挿入または上書きします

Editor_InsertW

カーソル位置にUnicode文字列を挿入します

Editor_IsCharHalfOrFull

指定する文字が半角か全角かを調べます

Editor_Join

SQL においての JOIN 操作と同様な方法を使って、2個の CSV 文書を結合して新規文書を作成します。

Editor_KeyboardProp

指定したコマンド ID と設定のキーボード プロパティを表示します。

Editor_LineFromChar

指定したシリアル位置の行番号を返します

Editor_LineIndex

指定した行番号のシリアル位置を返します

Editor_LoadConfigA

ANSI文字列で指定する設定を読み直します

Editor_LoadConfigW

Unicode文字列で指定する設定を読み直します

Editor_LoadFileA

文書を指定するファイルから読みこんで表示します(ANSI)

Editor_LoadFileW

文書を指定するファイルから読みこんで表示します(Unicode)

Editor_LogicalToSerial

論理座標をシリアル位置に変換します

Editor_LogicalToView

論理座標を表示座標に変換します

Editor_MatchRegex

正規表現で指定する文字列が一致するかどうかを調べます。

Editor_OutputDir

アウトプット バーにカレント ディレクトリを設定します。

Editor_OutputString

アウトプット バーに文字列を追加します。

Editor_OverwriteA

カーソル位置にANSI文字列を上書きします

Editor_OverwriteW

カーソル位置にUnicode文字列を上書きします

Editor_QueryStatus

指定するコマンドIDが実行可能か、またはチェックされた状態かを調べます。

Editor_QueryString

指定するコマンドに関連する文字列を取得します。

Editor_Redraw

ウィンドウの再描画を行うかどうかを指定します

Editor_RemoveClip

クリップボード履歴にある特定の位置のテキストを消去します。

Editor_RegQueryValue

EmEditor の設定に応じて、レジストリまたは INI ファイルから、指定する値を取得します。

Editor_RegSetValue

EmEditor の設定に応じて、レジストリまたは INI ファイルに、値を設定します。

Editor_Release

プラグインの参照数を1つ減少させます

Editor_ReplaceA

ANSI文字列を置換します

Editor_ReplaceInFiles

指定するパスの複数のファイルから文字列を置換します。

Editor_ReplaceInFilesA

指定するパスの複数のファイルから ANSI 文字列を置換します。

Editor_ReplaceInFilesW

指定するパスの複数のファイルから Unicode 文字列を置換します。

Editor_ReplaceW

Unicode文字列を置換します

Editor_RotateClip

クリップボード履歴にある現在の位置を回転します。

Editor_RunMacro

マクロを起動します。

Editor_SaveFileA

現在アクティブな文書を指定するファイルに保存します(ANSI)

Editor_SaveFileW

現在アクティブな文書を指定するファイルに保存します(Unicode)

Editor_SaveTemp

一時テキストを保存します。

Editor_SerialToLogical

シリアル位置を論理座標に変換します

Editor_SetAnchorPos

選択範囲の開始位置を設定します

Editor_SetCaretPos

カーソル位置を移動します

Editor_SetCaretPosEx

カーソル位置を移動し、選択範囲を伸縮することもできます。

Editor_SetClipPos

クリップボード履歴にある現在の位置を設定します。

Editor_SetConfigA

選択されている設定の名前をANSI文字列で設定します

Editor_SetConfigW

選択されている設定の名前をUnicode文字列で設定します

Editor_SetModified

文書が更新されているかどうかのフラグを設定します

Editor_SetOutlineArray

指定する複数行のアウトラインのレベルを設定します。

Editor_SetOutlineLevel

指定する論理行のアウトラインのレベルを設定します。

Editor_SetScrollPos

スクロールバーの位置を設定します

Editor_SetScrollPosEx

スクロールバーの位置を設定します

Editor_SetSelLength

選択テキストの長さを設定します

Editor_SetSelType

選択状態の種類を設定します

Editor_SetSelTypeEx

選択状態の種類を設定します

Editor_SetSelView

選択テキストの開始位置と終了位置を設定します

Editor_SetStatusA

ステータスメッセージにANSI文字列を設定します

Editor_SetStatusW

ステータスメッセージにUnicode文字列を設定します

Editor_ShowOutline

アウトラインを表示または非表示に設定します。

Editor_ToolbarClose

カスタム ツール バーを閉じます。

Editor_ToolbarOpen

カスタム ツール バーを開きます。

Editor_ToolbarShow

カスタム ツール バーの表示/非表示を切り替えます。

Editor_UpdateToolbar

指定するコマンドIDのツールバーの状態を更新します

Editor_ViewToDev

表示座標をデバイス座標 (クライアント座標) に変換します

Editor_ViewToLogical

表示座標を論理座標に変換します

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.