Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > メッセージ

EmEditor プラグイン リファレンス: EE_CLIP_HISTORY

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - メッセージ

EE_CLIP_HISTORY

クリップボードの履歴を操作します。このメッセージを直接送るか、または Editor_GetClipEditor_GetClipPosEditor_InsertClipEditor_RemoveClipEditor_RotateClip、または Editor_SetClipPos インライン関数を使うことができます。

EE_ADD_REF

   wParam = 0;

   lParam = (LPARAM)(HINSTANCE)hInstance;

パラメータ

pTI

CLIP_INFO 構造体へのポインタを指定します。

戻り値

メッセージが失敗すると、戻り値は -1 になります。メッセージが成功すると、戻り値はCLIP_INFO 構造体の nAction パラメータとして指定した値に依存します。nAction パラメータが CI_GET_CLIP の場合、戻り値は、テキストを受信するために必要な pszBuf バッファの終端 NULL 文字を含めた文字単位のサイズになります。nAction パラメータが CI_INSERT_CLIP の場合、戻り値は、新しいテキストが入力されたクリップボード履歴の位置なります。nAction パラメーターが CI_REMOVE_CLIP の場合、戻り値は、テキストが削除されたクリップボード履歴の位置になります。nAction パラメータが CI_GET_CLIP_POS の場合、戻り値はクリップボード履歴の現在の位置になります。もし nAction パラメータが CI_SET_CLIP_POS の場合、戻り値はクリップボード履歴の古い位置になります。もし nAction パラメーターが CI_ROTATE_CLIP の場合、戻り値は 1 になります。

バージョン

Version 9.00 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.