Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > メッセージ

EmEditor プラグイン リファレンス: EE_INFO

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - メッセージ

EE_INFO

実行中の EmEditor または指定するドキュメントに関する情報を取得または設定を行います。このメッセージを直接送るか、Editor_Info インライン関数、または Editor_DocInfo インライン関数使うことができます。

EE_INFO

   wParam = (WPARAM)nCmd;

   lParam = (LPARAM)lParam;

または

EE_INFO

   wParam = MAKEWPARAM(nCmd, iDoc+1);

   lParam = (LPARAM)lParam;

パラメータ

nCmd

取得または設定する情報の種類を指定します。次のうちのいずれかとなります。

nCmd

意味

lParam

戻り値

EI_GET_ENCODE

次に保存する時に使用される文字コードを取得します。

使用されません。

(int)nCP

文字コード

EI_SET_ENCODE

次に保存する時に使用される文字コードを設定します。

(UINT)nCP

CODEPAGE_ で始まる文字コードを指定します。

使用されません。

EI_GET_SIGNATURE

次に保存する時にUnicode, UTF-8の署名を付けるかどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bSignature

TRUE なら署名を付けます。

EI_SET_SIGNATURE

次に保存する時にUnicode, UTF-8の署名を付けるかどうかを設定します。

(BOOL)bSignature

TRUEなら署名を付けます。

使用されません。

EI_GET_FONT_CHARSET

フォントの文字セットを取得します。

使用されません。

(int)nCharset

文字セットを返します。

EI_SET_FONT_CHARSET

フォントの文字セットを設定します。

(int)nCharset

CHARSET_ で始まる文字セットを指定します。

使用されません。

EI_GET_FONT_CP

表示されているフォントのコードページを取得します。

使用されません。

(UINT)nCP

コードページ。

EI_GET_INPUT_CP

入力言語に対応するコードページを取得します。

使用されません。

(UINT)nCP

コードページ。

EI_GET_SHOW_TAG

タグを下線表示するかどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bShowTag

TRUEならタグを下線表示します。

EI_SET_SHOW_TAG

タグを下線表示するかどうかを設定します。

(BOOL)bShowTag

TRUEならタグを下線表示します。

使用されません。

EI_GET_FILE_NAMEA

開いているファイル名をANSI文字列で取得します。

(LPSTR)szFileName

ファイル名を取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL文字を含めてMAX_PATHバイトを確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_FILE_NAMEW

開いているファイル名をUnicode文字列で取得します。

(LPWSTR)szFileName

ファイル名を取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL文字を含めてMAX_PATH文字分を確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_IS_PROPORTIONAL_FONT

表示フォントがプロポーショナル フォントかどうかを取得します。Windows XP/2003 では、常に TRUE を返します。

使用されません。

(BOOL)bProportionalFont

プロポーショナル フォントなら TRUE を、固定幅なら FALSE を返します。

EI_GET_NEXT_BOOKMARK

次のブックマーク位置を取得します。

(INT_PTR)yLine

検索を開始する論理行を指定します。-1 を指定すると、文書の先頭から検索を始めます。

(INT_PTR)yLine

検索したブックマークの論理行を返します。見つからない場合は -1 を返します。

EI_GET_HILITE_FIND

検索文字列を強調表示するかどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bShowFindHilite

EI_SET_HILITE_FIND

検索文字列を強調表示するかどうかを設定します。

(BOOL)bShowFindHilite

使用されません。

EI_GET_APP_VERSIONA

バージョン名をANSI文字列で取得します。

(LPSTR)szVersionName

バージョン名を取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL文字を含めてMAX_PATHバイトを確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_APP_VERSIONW

バージョン名をUnicode文字列で取得します。

(LPWSTR)szVersionName

バージョン名を取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL文字を含めてMAX_PATH文字分を確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_READ_ONLY

書き換え禁止状態かどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bReadOnly

EI_IS_WINDOW_COMBINED

ウィンドウが結合された状態かどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bCombined

EI_WINDOW_COMBINE

ウィンドウの結合状態を設定します。

(BOOL)bCombined

TRUEなら結合します。FALSEなら結合を解除します。

使用されません。

EI_IS_UNDO_COMBINED

TRUE だと挿入文字列を一度に元に戻します。FALSE だと文字単位で元に戻します。

使用されません。

(BOOL)bCombined

EI_GET_DOC_COUNT

現在のフレーム ウィンドウに開かれているドキュメントの数を返します。 (EmEditor Professional 5.00 以上のみ)

使用されません。

(int)nCount

ドキュメントの数を返します。

EI_INDEX_TO_DOC

ドキュメントのインデックスからハンドルに変換します。 (EmEditor Professional 5.00 以上のみ)

ドキュメントの 0 を基底とするインデックスを指定します。

(HEEDOC)hDoc

ドキュメントへのハンドルを返します。

EI_DOC_TO_INDEX

ドキュメントのハンドルからインデックスに変換します。

ドキュメントへのハンドルを指定します。

(int)nIndex

ドキュメントの 0 を基底とするインデックスを返します。

EI_ZORDER_TO_DOC

ドキュメントの Z オーダーからハンドルに変換します。

ドキュメントの 0 を基底とするZオーダーを指定します。

(HEEDOC)hDoc

ドキュメントへのハンドルを返します。

EI_DOC_TO_ZORDER

ドキュメントのハンドルから Z オーダーに変換します。

ドキュメントへのハンドルを指定します。

(int)nZOrder

ドキュメントの 0 を基底とする Z オーダーを返します。

EI_GET_ACTIVE_INDEX

アクティブなドキュメントのインデックスを取得します。

使用されません。

(int)nIndex

ドキュメントの 0 を基底とするインデックスを返します。

EI_SET_ACTIVE_INDEX

ドキュメントをアクティブにします。

使用されません。

(BOOL)bSuccess

成功すると TRUE を、失敗すると FALSE を返します。

EI_GET_FULL_TITLEA

ドキュメントの長いタイトルを ANSI 文字列で取得します。

(LPSTR)szTitle

タイトルを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH バイトを確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_FULL_TITLEW

ドキュメントの長いタイトルを Unicode 文字列で取得します。

(LPWSTR)szTitle

タイトルを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH 文字分を確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_SHORT_TITLEA

ドキュメントの短いタイトルを ANSI 文字列で取得します。

(LPSTR)szTitle

タイトルを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH バイトを確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_SHORT_TITLEW

ドキュメントの短いタイトルを Unicode 文字列で取得します。

(LPWSTR)szTitle

タイトルを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH 文字分を確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_SAVE_AS_TITLEA

ドキュメントの長いタイトルからファイルが変更されたかどうかを示すアスタリスク「*」を除いた文字列を ANSI 文字列で取得します。

(LPSTR)szTitle

タイトルを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH バイトを確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_GET_SAVE_AS_TITLEW

ドキュメントの長いタイトルからファイルが変更されたかどうかを示すアスタリスク「*」を除いた文字列を Unicode 文字列で取得します。

(LPWSTR)szTitle

タイトルを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH 文字分を確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_MOVE_ORDER

ドキュメントのタブの順番を変更します。

移動先のTabの位置を 0 を基底とするインデックスで指定します。

使用されません。

EI_CLOSE_DOC

ドキュメントを閉じます。

使用されません。

(BOOL)bSuccess

成功すると TRUE を、失敗すると FALSE を返します。

EI_SAVE_DOC

ドキュメントを保存します。無題の場合は「名前を付けて保存」ダイアログ ボックスが表示されます。

使用されません。

(BOOL)bSuccess

成功すると TRUE を、失敗すると FALSE を返します。無題の場合に「名前を付けて保存」ダイアログ ボックスで [キャンセル] を選択すると、FALSE を返します。

EI_GET_CURRENT_FOLDER

現在の作業フォルダを取得します。

(LPWSTR)szDir

フォルダ名を取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH 文字分を確保しておく必要があります。

使用されません。

EI_IS_LARGE_DOC

非常に大きなファイルかどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bLarge

非常に大きなファイルの場合は TRUE を、そうでなければ FALSE を返します。

EI_USE_INI

INI ファイルがレジストリの代わりに使用されているかどうかを取得します。

使用されません。

(BOOL)bIni

INI ファイルが使用されている場合は TRUE を、レジストリが使用されている場合は FALSE を返します。

EI_GET_LANGUAGE

現在選択されているユーザー インターフェイス用の言語を取得します。

(LPWSTR)szFolder

言語フォルダを取得するバッファへのポインタを指定します。バッファには、NULL 文字を含めて MAX_PATH 文字分を確保しておく必要があります。

(UINT)nLangID

現在選択されている言語 ID を返します。

EI_COMBINE_HISTORY

元に戻す履歴の1つとして、次の変更を前の変更と結合するかどうかを指定します。

(BOOL)bCombine

結合する場合は TRUE を返します

使用されません。

EI_GET_BAR_TEXT_COLOR

カスタム バーの文字色を取得します。

使用されません。

(COLORREF)clrText

文字色の RGB 値。

EI_GET_BAR_BACK_COLOR

カスタム バーの背景色を取得します。

使用されません。

(COLORREF)clrBack

背景色の RGB 値。

EI_GET_RETURN_TYPE

現在行の改行方法を取得します。現在行が文書の最終行で改行を持たない場合、1つ前の行の改行方法を取得します。

(UINT_PTR)yLogicalLine

論理行を指定します。

(int)nReturnType

RETURN_METHOD_BOTH、RETURN_METHOD_CR_ONLY、RETURN_METHOD_LF_ONLY のいずれかを返します。

EI_GET_ACTIVE_DOC

アクティブなドキュメントへのハンドルを取得します。

使用されません。

(HEEDOC)hDoc

アクティブにするドキュメントへのハンドルを返します。

EI_SET_ACTIVE_DOC

ドキュメントをアクティブにします。

(HEEDOC)hDoc

アクティブにするドキュメントへのハンドルを指定します。

(BOOL)bSuccess

成功すると TRUE を、失敗すると FALSE を返します。

EI_GET_SYNC_SESSION

ドキュメントが比較または同期スクロールモードの場合、ドキュメントのセッションIDを取得します。

使用されません。

(int)nSessionID

ドキュメントが比較または同期スクロールモードの場合、ドキュメントのセッションIDを返します。ドキュメントが通常モードの場合、0 を返します。

EI_GET_LOC_DLL_INSTANCE

ローカライズされたリソース DLL のインスタンスを返します。

使用されません。

(HINSTANCE)hinstLoc

ローカライズされたリソース DLL のインスタンスを返します。

EI_GET_RES_DLL_INSTANCE

リソース DLL のインスタンスを返します。

使用されません。

(HINSTANCE)hinstRes

リソース DLL のインスタンスを返します。

EI_GET_CMD_LIST_SIZE

指定する複数メニュー コマンドで利用可能な項目数を返します。

使用されません。

(int)nCount

利用可能な項目数を返します。

EI_GET_DISCARD_UNDO

EmEditor が置換、挿入、削除の速度を改善するために元に戻す情報を破棄するかどうかを示すフラグを取得します。

使用されません。

(BOOL)bDiscardUndo

フラグを返します。

EI_SET_DISCARD_UNDO

EmEditor が置換、挿入、削除の速度を改善するために元に戻す情報を破棄するかどうかを示すフラグを設定します。

(BOOL)bDiscardUndo

フラグ。

使用されません。

EI_GET_HEADING_LINES

ヘディング (非スクロール領域) の行数を取得します。

使用されません。

(int)nHeadingLines

EI_SET_HEADING_LINES

ヘディング (非スクロール領域) の行数を設定します。

(int)nHeadingLines

使用されません。

EI_GET_NARROWING_TOP

部分編集の最上部の位置 (Y 座標) を取得します。-1 は、部分編集が設定されていないことを意味します。

使用されません。

(int)nNarrowingTop

EI_SET_NARROWING_TOP

部分編集の最上部の位置 (Y 座標) を設定します。-1 は、部分編集が設定されていないことを意味します。

(int)nNarrowingTop

使用されません。

EI_GET_NARROWING_BOTTOM

部分編集の最下部の位置 (Y 座標) を取得します。-1 は、部分編集が設定されていないことを意味します。

使用されません。

(int)nNarrowingBottom

EI_SET_NARROWING_BOTTOM

部分編集の最下部の位置 (Y 座標) を設定します。-1 は、部分編集が設定されていないことを意味します。

(int)nNarrowingBottom

使用されません。

EI_SET_HILITE_FILTER

最後に使ったフィルターの情報を使ってフィルターを設定します。アクティブなドキュメントのみ使用できます。

使用されません。

使用されません。

EI_GET_CSV

現在の CSV モードのインデックスを取得します。CSV モードでない場合は -1 を返します。

使用されません。

(int)iCSV

EI_GET_PRINT_PAGES

現在選択されているプリンター用のページ数を取得します。アクティブなドキュメントのみ使用できます。

(BOOL)bSelOnly

選択範囲のみを使用してページ数を計算するかどうかを指定します。

(int)nPages

EI_GET_CELL_MODE

CSV セル選択モードかどうかを示すフラグを取得します。

使用されません。

(BOOL)bCellMode

EI_SET_CELL_MODE

CSV セル選択モードかどうかを示すフラグを設定します。

(BOOL)bCellMode

使用されません。

EI_GET_UNTITLED

文書が無題かどうかを示すフラグを取得します。

使用されません。

(BOOL)bUntitled

EI_GET_DPI

現在のモニターの DPI 値を取得します。

使用されません。

(long)nDPI

EI_GET_FILTER_VISIBLE_LINES_ABOVE

フィルターで一致した行の上に表示する行数を取得します。

使用されません。

(long)nLines

EI_SET_FILTER_VISIBLE_LINES_ABOVE

フィルターで一致した行の上に表示する行数の設定します。

(long)nLines

使用されません。

EI_GET_FILTER_VISIBLE_LINES_BELOW

フィルターで一致した行の下に表示する行数を取得します。

使用されません。

(long)nLines

EI_SET_FILTER_VISIBLE_LINES_BELOW

フィルターで一致した行の下に表示する行数の設定します。

(long)nLines

使用されません。

EI_GET_DPI_OPTIONS

モニターに関するオプションを取得します。現在のところ、DPI_OPTIONS_RESIZE_WHEN_DPI_CHANGED のみがサポートされています。DPI_OPTIONS_RESIZE_WHEN_DPI_CHANGED が設定されていると、DPI の変更に応じてウィンドウのサイズが変更されます。

使用されません。

(long)nFlags

EI_SET_DPI_OPTIONS

モニターに関するオプションを設定します。現在のところ、DPI_OPTIONS_RESIZE_WHEN_DPI_CHANGED のみがサポートされています。DPI_OPTIONS_RESIZE_WHEN_DPI_CHANGED が設定されていると、DPI の変更に応じてウィンドウのサイズが変更されます。

(long)nFlags

使用されません。

iDoc

操作対象のドキュメントのインデックスを指定します。wParamの上位ワードには、1 を基底とするインデックスを指定します。 wParam の上位ワードに 0 を指定すると、現在アクティブなドキュメントが操作対象になります。nCmd によっては、使用されないこともあります。その場合は、wParam の上位ワードに 0 を指定する必要があります。

lParam

nCmd によって意味が異なります。

戻り値

nCmd によって意味が異なります。

バージョン

Version 3.00 以上で利用できます。ただし、iDoc パラメータは Version 5.00 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.