Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > メッセージ

EmEditor プラグイン リファレンス: EE_SET_SEL_TYPE

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - メッセージ

EE_SET_SEL_TYPE

選択状態の種類を設定します。このメッセージを直接送るか、または Editor_SetSelType インライン関数または Editor_SetSelTypeEx インライン関数を使うことができます。

EE_SET_SEL_TYPE

   wParam = (WPARAM) (BOOL) bNeedAlways;

   lParam = (LPARAM) nSelType;

パラメータ

bNeedAlways

TRUE の場合は、選択されていなくても、選択状態の種類を設定できます。FALSE の場合は、SEL_TYPE_NONE を指定すると選択を解除します。

nSelType

次の値の組み合わせになります。SEL_TYPE_NONE、SEL_TYPE_CHAR、SEL_TYPE_LINE および SEL_TYPE_BOX は同時に指定することはできません。SEL_TYPE_KEYBOARD のみ、他の値と組み合わせて指定できます。bNeedAlways が FALSE の場合、SEL_TYPE_SELECTED は使用されません。

説明

SEL_TYPE_NONE

選択されていません (bNeedAlways = TRUE の場合)

SEL_TYPE_CHAR

文字単位で通常に選択されています

SEL_TYPE_LINE

行単位で選択されています

SEL_TYPE_BOX

箱型選択されています

SEL_TYPE_KEYBOARD

キーボードで選択されています

戻り値

戻り値は利用されません。

バージョン

Version 3.00 以上で利用できます。ただし、bNeedAlways は、Version 5.00 以上で利用できます。Version 5.00 未満では、bNeedAlways は常に FALSE を指定することになります。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.