Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス

EmEditor プラグイン リファレンス: メッセージ

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス

メッセージ

メッセージは、プラグインからEmEditorに指定したタスクを送るときに使用されます。

メッセージ

説明

EE_ADD_REF

プラグインの参照数を1つ増加させます。

EE_CLIP_HISTORY

クリップボードの履歴を操作します。

EE_CONVERT

文字変換を行います。

EE_CUSTOM_BAR_OPEN

カスタム バーを開きます。

EE_CUSTOM_BAR_CLOSE

カスタム バーを閉じます。

EE_DEV_TO_VIEW

デバイス座標 (クライアント座標) を表示座標に変換します。

EE_DO_IDLE

ツール バー、タイトル、タブなどの表示更新を行います。

EE_EDIT_TEMP

一時テキストを新規文書として開くか、アクティブにするか、保存するか、または閉じます。

EE_EMPTY_UNDO_BUFFER

元に戻す、やり直しのバッファを空にします。

EE_ENUM_CONFIG

利用可能な設定の一覧を取得します。

EE_ENUM_HIGHLIGHT

強調文字列の一覧を取得します。

EE_EXEC_COMMAND

指定するコマンドIDを実行します

EE_EXEC_PLUGIN

指定するプラグインを実行します

EE_FILTER

指定する文字列と設定で文書にフィルターをかけます。

EE_FINDA

ANSI 文字列を検索します。

EE_FINDW

Unicode文字列を検索します。

EE_FIND_IN_FILESA

指定するパスの複数のファイルから ANSI 文字列を検索します。

EE_FIND_IN_FILESW

指定するパスの複数のファイルから Unicode 文字列を検索します。

EE_FIND_REGEX

正規表現を指定して文字列から検索します。

EE_FIND_REPLACE

文字列を検索または置換します。

EE_FREE

プラグインを開放します。

EE_GET_ACCEL_ARRAY

ショートカット キーの配列を取得します。

EE_GET_ANCHOR_POS

カーソル位置を取得します。

EE_GET_ATTR

構成を取得して、指定した位置に返します。

EE_GET_CARET_POS

カーソル位置を取得します。

EE_GET_CELL

指定するセルのUnicodeテキストを取得します。

EE_GET_CMD_ID

プラグインのコマンドIDを取得します。

EE_GET_COLOR

指定する部分の文字色、背景色、スタイルを取得します。

EE_GET_CONFIGA

選択されている設定の名前をANSI文字列で取得します。

EE_GET_CONFIGW

選択されている設定の名前をUnicode文字列で取得します。

EE_GET_DROPPED_FILE

最近ドロップされたファイルを取得します。

EE_GET_FILTER

現在の文書にかけられているフィルターの文字列と設定を取得します。

EE_GET_LINEA

指定する行のANSIテキストを取得します。

EE_GET_LINES

テキスト全体の行数を取得します。

EE_GET_LINEW

指定する行のUnicodeテキストを取得します。

EE_GET_MARGIN

折り返し桁数を返します。

EE_GET_MODIFIED

文書が更新されているかどうかのフラグを取得します。

EE_GET_MULTI_SEL

複数選択が利用可能な場合、指定する選択の情報を取得します。

EE_GET_OUTLINE_LEVEL

指定する論理行のアウトラインのレベルを取得します。

EE_GET_OUTPUT_STRING

アウトプット バーにあるテキストを取得します。

EE_GET_PAGE_SIZE

1ページのサイズを取得します。

EE_GET_REDRAW

ウィンドウの再描画を行うかどうかのフラグを取得します。

EE_GET_REF

指定するプラグインの参照数を返します。

EE_GET_SCROLL_POS

スクロール バーの位置を取得します。

EE_GET_SEL_END

選択テキストの終了位置を取得します。

EE_GET_SEL_START

選択テキストの開始位置を取得します。

EE_GET_SEL_TEXTA

選択されているANSIテキストを取得します。

EE_GET_SEL_TEXTW

選択されているUnicodeテキストを取得します。

EE_GET_SEL_TYPE

選択状態の種類を取得します。

EE_GET_STATUSA

ステータス バーに表示されている文字列をANSIで取得します。

EE_GET_STATUSW

ステータス バーに表示されている文字列をUnicodeで取得します。

EE_GET_VERSION

バージョン番号を返します。

EE_GET_WORD

カーソル位置の単語を返します。

EE_HELP

指定するヘルプのページを表示します。

EE_INFO

実行中のEmEditorに関する情報を取得または設定を行います。

EE_INSERT_FILEA

指定するファイルの中身をカーソル位置に挿入します(ANSI)。

EE_INSERT_FILEW

指定するファイルの中身をカーソル位置に挿入します(Unicode)。

EE_INSERT_STRINGA

カーソル位置にANSI文字列を挿入します。

EE_INSERT_STRINGW

カーソル位置にUnicode文字列を挿入します。

EE_IS_CHAR_HALF_OR_FULL

指定する文字が半角か全角かを調べます。

EE_JOIN

SQL においての JOIN 操作と同様な方法を使って、2個の CSV 文書を結合して新規文書を作成します。

EE_KEYBOARD_PROP

指定したコマンド ID と設定のキーボード プロパティを表示します。

EE_LINE_FROM_CHAR

指定したシリアル位置の行番号を返します。

EE_LINE_INDEX

指定した行番号のシリアル位置を返します。

EE_LOAD_CONFIGA

ANSI文字列で指定する設定を読み直します。

EE_LOAD_CONFIGW

Unicode文字列で指定する設定を読み直します。

EE_LOAD_FILEA

文書を指定するファイルから読みこんで表示します (ANSI)。

EE_LOAD_FILEW

文書を指定するファイルから読みこんで表示します (Unicode)。

EE_LOGICAL_TO_SERIAL

論理座標をシリアル位置に変換します。

EE_LOGICAL_TO_VIEW

論理座標を表示座標に変換します。

EE_MATCH_REGEX

正規表現で指定する文字列が一致するかどうかを調べます。

EE_OUTPUT_DIR

アウトプット バーにカレント ディレクトリを設定します。

EE_OUTPUT_STRING

アウトプット バーに文字列を追加します。

EE_QUERY_STATUS

指定するコマンドIDが実行可能か、またはチェックされた状態かを調べます。

EE_QUERY_STRING

指定するコマンドに関連する文字列を取得します。

EE_REDRAW

ウィンドウの再描画を行うかどうかを指定します

EE_REG_SET_VALUE

EmEditorのセッティングに依存している記載か INI ファイルに値をセットします。

EE_REG_QUERY_VALUE

EmEditorのセッティングに依存している記載か INI ファイルからの値を問い合わせます。

EE_RELEASE

プラグインの参照数を1つ減少させます。

EE_REPLACE_IN_FILESA

指定するパスの複数のファイルから ANSI 文字列を置換します。

EE_REPLACE_IN_FILESW

指定するパスの複数のファイルから Unicode 文字列を置換します。

EE_REPLACEA

ANSI 文字列を置換します。

EE_REPLACEW

Unicode文字列を置換します。

EE_RUN_MACRO

マクロを起動します。

EE_SAVE_FILEA

文書を指定するファイルに保存します (ANSI)。

EE_SAVE_FILEW

文書を指定するファイルに保存します (Unicode)。

EE_SERIAL_TO_LOGICAL

シリアル位置を論理座標に変換します。

EE_SET_ANCHOR_POS

選択範囲の開始位置を設定します。

EE_SET_CARET_POS

カーソル位置を移動し、選択範囲を伸縮することもできます。

EE_SET_CONFIGA

選択されている設定の名前をANSI文字列で設定します。

EE_SET_CONFIGW

選択されている設定の名前をUnicode文字列で取得します。

EE_SET_MODIFIED

文書が更新されているかどうかのフラグを設定します。

EE_SET_OUTLINE_ARRAY

指定する複数行のアウトラインのレベルを設定します。

EE_SET_OUTLINE_LEVEL

指定する論理行のアウトラインのレベルを設定します。

EE_SET_SCROLL_POS

スクロール バーの位置を設定します。

EE_SET_SEL_LENGTH

選択テキストの長さを設定します。

EE_SET_SEL_TYPE

選択状態の種類を設定します。

EE_SET_SEL_VIEW

選択テキストの開始位置と終了位置を設定します。

EE_SET_STATUSA

ステータス メッセージにANSI文字列を設定します。

EE_SET_STATUSW

ステータス メッセージにUnicode文字列を設定します。

EE_SHOW_OUTLINE

アウトラインを表示または非表示に設定します。

EE_TOOLBAR_CLOSE

カスタム ツール バーを閉じます。

EE_TOOLBAR_OPEN

カスタム ツール バーを開きます。

EE_TOOLBAR_SHOW

カスタム ツール バーの表示/非表示を切り替えます。

EE_UPDATE_TOOLBAR

指定するコマンドIDのツール バーの状態を更新します。

EE_VIEW_TO_DEV

表示座標をデバイス座標 (クライアント座標) に変換します。

EE_VIEW_TO_LOGICAL

表示座標を論理座標に変換します。

これらの定数は、ヘッダ (plugin.h) で定義されています。

次の Windows API メッセージもサポートしています。一部のメッセージについては完全にサポートしているわけではありません。ウィンドウ ハンドルには、EmEditor のフレームではなく、ビューを指定します。詳しくは、SDK のリファレンスをお読みください。これらのメッセージについて詳しくは、Microsoft MSDN ライブラリを参考にしてください。

EM_GETSEL

選択範囲の開始位置と終了位置を取得します

EM_SCROLLCARET

カーソル位置にスクロールします

EM_SETSEL

選択範囲の開始位置と終了位置を設定します

EM_REPLACESEL

選択テキストを置き換えます

WM_CLEAR

選択範囲を削除します

WM_COPY

選択範囲をクリップ ボードにコピーします

WM_CUT

選択範囲を切り取ってクリップ ボードにコピーします

WM_GETTEXT

文書全体を取得します

WM_GETTEXTLENGTH

文書全体を取得するのに必要な終端ヌル文字を除く文字数を取得します

WM_PASTE

クリップ ボードの中身をカーソル位置に貼り付けます

WM_SETTEXT

文書全体を設定します

WM_UNDO

最後の操作を元に戻します

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.