Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > 構造体

EmEditor プラグイン リファレンス: CLIP_INFO

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - 構造体

CLIP_INFO

EE_CLIP_HISTORY メッセージで使用します。

typedef struct _CLIP_INFO {

   size_t cbSize;

   LPWSTR pszBuf;

   UINT cchBuf;

   UINT iPos;

   UINT nAction;

   UINT nFlags;

} CLIP_INFO;

フィールド

cbSize

このデータ構造体のバイトのサイズ。EE_CLIP_HISTORY メッセージを送る前にこのメンバーを sizeof( CLIP_INFO ) に設定します。

pszBuf

テキストまたは入力されたテキストを受信するバッファを指定します。

cchBuf

終端 NULL 文字を含めた文字のバッファのサイズを指定します。

iPos

クリップボード履歴にある位置を指定します。nAction が CI_GET_CLIP を指定してるときに (UINT)-1 を指定すると、クリップボード履歴ではなく実際のクリップボードの中身を取得します。

nAction

値を下記の中からひとつ指定します。しかし、 CI_INSERT_CLIP のみ CI_FLAG_NO_UPDATE_REAL_CLIP と組み合わせることができます。

CI_GET_CLIP

クリップボード履歴にある特定の位置でテキストを取り込みます。

CI_INSERT_CLIP

クリップボード履歴にある特定の位置でテキストを入力します。

CI_REMOVE_CLIP

クリップボード履歴にある特定の位置でテキストを消去します。

CI_GET_POS

クリップボード履歴にある現在の位置でテキストを取り込みます。

CI_SET_POS

クリップボード履歴にある現在の位置でテキストを設定します。

CI_ROTATE_CLIP

クリップボード履歴にある現在の位置でテキストを回転させます。

CI_FLAG_NO_UPDATE_REAL_CLIP

現在のクリップボードの内容からクリップボード履歴によって置換されることを防ぎます。この値は CI_INSERT_CLIP との組み合わせで使用されます。

nFlags

When nAction が CI_INSERT_CLIP または CI_REMOVE_CLIP の場合、この値は入力または消去されたクリップボード フォーマットで指定します。 nAction が CI_GET_CLIP の場合、この値は実際のクリップボード フォーマットで満たされます。そうでなければ、この値は無視され、0になります。この値が必要な場合は下記の中の一つになります。

SEL_TYPE_CHAR

文字単位で通常に選択されています

SEL_TYPE_LINE

行単位で選択されています

SEL_TYPE_BOX

箱型選択されています

バージョン

Version 9.00 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.