Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > 構造体

EmEditor プラグイン リファレンス: COLUMN_STRUCT

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - 構造体

COLUMN_STRUCT

Editor_GetColumn インライン関数 (EE_GET_COLUMN メッセージ) または Editor_SetColumn インライン関数 (EE_SET_COLUMN メッセージ) で使用します。

typedef struct _COLUMN_STRUCT {

   UINT cbSize;

   int iColumn;

   UINT_PTR yLineTop;

   UINT_PTR yLines;

   LPWSTR pBuf

   UINT_PTR cchBuf;

   LPCWSTR pszDelimiter;

   UINT flags;

   HGLOBAL hGlobalData;

} COLUMN_STRUCT;

フィールド

cbSize

この構造体のサイズをバイト数で指定します。

iColumn

列のインデックスを指定します。

yLineTop

設定する最初の行の行番号を指定します。0 を指定すると、最初の行を指定します。

yLines

行数を制限として指定します。0 を指定すると、制限は指定されません。

pBuf

Editor_SetColumn インライン関数 (EE_SET_COLUMN メッセージ) で使用する場合、設定する文字列を指定します。文字列は、pszDelimiter で指定される区切り文字で区切ることができます。Editor_GetColumn インライン関数 (EE_GET_COLUMN メッセージ) で使用する場合、文字列を取得するバッファを指定します。

cchBuf

Editor_GetColumn インライン関数 (EE_GET_COLUMN メッセージ) で使用する場合、バッファのサイズを文字単位で指定します。

pszDelimiter

pBuf で指定された文字列を区切る区切り文字列を指定します。これが空の場合、列のすべてのセルで同じ文字列が使用されます。

flags

次のいずれかの値を指定します。

AUTO_QUOTE

文字列に区切り文字、改行、引用符が含まれていないかを確認し、必要なら自動的にエスケープを行い、引用符を追加します。

DONT_QUOTE

上の処理を行いません。

ALWAYS_QUOTE

常に引用符を追加します。

USE_HGLOBAL

Editor_GetColumn インライン関数 (EE_GET_COLUMN メッセージ) で使用する場合、hGlobalData フィールドが新規に割り当てられたグローバル メモリを受け取ることを指定します。このフラグを使用する場合、pBuf と cchBuf フィールドは 0 でなければなりません。

hGlobalData

Editor_GetColumn インライン関数 (EE_GET_COLUMN メッセージ) で使用する場合、新規に割り当てられたグローバル メモリ オブジェクトへのハンドルを受け取る変数を指定します。呼び出し側はこのメモリ オブジェクトを GlobalFree 関数を用いて解放する必要があります。

Copyright © 2003-2021 by Emurasoft, Inc.