Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > 構造体

EmEditor プラグイン リファレンス: FIND_REGEX_INFO_EX

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - 構造体

FIND_REGEX_INFO_EX

Editor_FindRegex インライン関数 (EE_FIND_REGEX メッセージ) で使用します。

typedef struct _FIND_REGEX_INFO_EX {

   size_t cbSize; // sizeof( FIND_REGEX_INFO_EX )

   UINT64 nFlags;

   LPCWSTR pszRegex;

   LPCWSTR pszText;

   LPCWSTR* ppszStart;

   LPCWSTR* ppszEnd;

   LPCWSTR* ppszNext;

   LPCWSTR pszReplace;

   LPWSTR pszResult;

   UINT cchResult;

   LPCWSTR pszStartAt;

   UINT nBackRefResult;

   UINT nBackRefBuf;

   BACK_REF BackRef[MAX_BACK_REF];

} FIND_REGEX_INFO_EX;

 

フィールド

cbSize

sizeof( FIND_REGEX_INFO_EX ) を指定します。

nFlags

次の値の組み合わせを指定します。

FLAG_FIND_CASE

大文字と小文字を区別して検索します。

FLAG_FIND_ONLY_WORD

単語のみを検索します。

FLAG_FIND_REGEX_BOOST

正規表現エンジンとして Boost.Regex を使用します。

FLAG_FIND_REGEX_ONIGMO

正規表現エンジンとして Onigmo を使用します。

FLAG_FIND_SEPARATE_CRLF

CR と LF を区別します。

pszRegex

検索する正規表現文字列を指定します。

pszText

検索する対象の文字列を指定します。

ppszStart

検索に成功すると、ここで指定するポインタにその文字列の開始位置を格納します。

ppszEnd

検索に成功すると、ここで指定するポインタにその文字列の終了位置を格納します。

ppszNext

検索に成功すると、ここで指定するポインタに次に検索するべき位置を格納します。

pszReplace

[in] 置換表現を指定します。

pszResult

[out] 置換後の文字列を受け取るバッファへのポインタを指定します。

cchResult

[in] バッファのサイズを文字数で指定します。

pszStartAt

[in] 検索を開始する位置を指定します。これが NULL の場合、検索は文字列 (pszText) の最初から開始します。

nBackRefResult

[out] BackRef フィールドに格納された後方参照の数を返します。

nBackRefBuf

[in] 後方参照を受け取りたい場合にはこのフィールドは MAX_BACK_REF を指定します。後方参照を受け取る必要がない場合には 0 を指定します。

BackRef

[out] 後方参照を返します。例: BackRef[0] = \0, BackRef[1] = \1, BackRef[2] = \2, ..., BackRef[1000] = \k<1000>。

バージョン

Version 15.7 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.