Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > 構造体

EmEditor プラグイン リファレンス: GREP_INFOA

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - 構造体

GREP_INFOA

Editor_FindInFilesA インライン関数Editor_ReplaceInFilesA インライン関数 (EE_FIND_IN_FILESA メッセージEE_REPLACE_IN_FILESA メッセージ) で使用します。

typedef struct _GREP_INFOA {

   size_t cbSize;

   UINT nCP;

   UINT nFlags;

   LPCSTR pszFind;

   LPCSTR pszReplace;

   LPCSTR pszPath;

   LPCSTR pszBackupPath;

   LPCSTR pszFilesToIgnore;

} GREP_INFOA;

 

フィールド

cbSize

sizeof(GREP_INFOA) を指定します。

nCP

開く時に指定するCODEPAGE_ で始まるコードページを指定します。

CODEPAGE_ANSI

標準ANSI

CODEPAGE_UNICODE

Unicode little endian

CODEPAGE_UNICODE_BIGENDIAN

Unicode big endian

CODEPAGE_UTF8

UTF-8

CODEPAGE_UTF7

UTF-7

CODEPAGE_932

日本語 Shift JIS

CODEPAGE_JIS

日本語 JIS

CODEPAGE_EUC

日本語 EUC

CODEPAGE_AUTO_SJIS_JIS

日本語 Shift JIS と JIS から自動検出

CODEPAGE_AUTO_SJIS_JIS_EUC

日本語 Shift JIS、JIS、EUC から自動検出

その他

システムで利用できるコードページが使えます

CODEPAGE_DETECT_UNICODE

Unicodeを検出します。他の値と組み合わせて使用します。

CODEPAGE_DETECT_UTF8

UTF-8を検出します。他の値と組み合わせて使用します。

CODEPAGE_DETECT_CHARSET

HTML/XMLのCharsetを検出します。他の値と組み合わせて使用します。

CODEPAGE_DETECT_ALL

すべてのコードページを検出します。他の値と組み合わせて使用します。

nFlags

次の値の組み合わせを指定します。

FLAG_FIND_CASE

大文字と小文字を区別して検索します。

FLAG_FIND_ESCAPE

文字列をエスケープ シーケンスで指定します。FLAG_FIND_REG_EXP と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_FILENAMES_ONLY

見つかったファイルのファイル名だけを結果として表示し、検索した文字列を含む行の内容は表示しません。FLAG_FIND_LINE_ONLY または FLAG_FIND_MATCHED_ONLY と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_IGNORE_FILES

pszFilesToIgnore で指定する名前のファイルまたはフォルダを無視します。

FLAG_FIND_LINE_ONLY

検索した文字列を含む行の内容だけが結果として表示されます。FLAG_FIND_FILENAMES_ONLY または FLAG_FIND_MATCHED_ONLY と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_MATCHED_ONLY

一致した文字列のみが結果として表示されます。FLAG_FIND_FILENAMES_ONLY または FLAG_FIND_LINE_ONLY と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_ONLY_WORD

単語のみを検索します。

FLAG_FIND_RECURSIVE

サブフォルダも検索します。

FLAG_FIND_REG_EXP

文字列を正規表現で指定します。FLAG_FIND_ESCAPE と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_OPEN_DIRECT

ファイルから検索の結果を一覧としては表示せずに、検索文字列を含むファイルを直接開きます。FLAG_FIND_OPEN_FILTER または FLAG_FIND_OUTPUT と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_OPEN_FILTER

ファイルから検索の結果を一覧としては表示せずに、検索文字列を含むファイルを直接開き、さらにフィルターに検索文字列を設定します。FLAG_FIND_OPEN_DIRECT または FLAG_FIND_OUTPUT と組み合わせて指定できません。

FLAG_FIND_OUTPUT

ファイルから検索の結果を一覧としてアウトプット バーに表示します。FLAG_FIND_OPEN_DIRECT または FLAG_FIND_OPEN_FILTER と組み合わせて指定できません。

FLAG_REPLACE_BACKUP

ファイルから置換の場合、バックアップを保存します。FLAG_REPLACE_KEEP_OPEN と組み合わせて指定できません。

FLAG_REPLACE_KEEP_OPEN

ファイルから置換の場合、変更したファイルを開いたままにします。FLAG_REPLACE_BACKUP と組み合わせて指定できません。

pszFind

検索する文字列を指定します。

pszReplace

ファイルから置換の場合、置換後の文字列を指定します。

pszPath

検索するパスを指定します。ここには、* または ? のワイルド カードを含めて指定することができます。

pszBackupPath

ファイルから置換の場合で、nFlags に FLAG_REPLACE_BACKUP を指定した場合、バックアップ先フォルダを指定します。

pszFilesToIgnore

nFlags に FLAG_FIND_IGNORE_FILES を指定した場合、無視するファイルまたはフォルダの名前を指定します。ここには、* または ? のワイルド カードを含めて指定することができます。複数のファイルを指定する場合は、; で区切ります。

バージョン

EmEditor Professional Version 4.02 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.