Show/Hide Toolbars

EmEditor ヘルプ

ナビゲーション: EmEditor ヘルプ > プラグイン リファレンス > 構造体

EmEditor プラグイン リファレンス: TEMP_INFO

Scroll 前へ 上へ 次へ その他
EmEditor ホーム - EmEditor ヘルプ - プラグイン リファレンス - 構造体

TEMP_INFO

EE_EDIT_TEMP メッセージ と EVENT_TEMP_SAVING イベントで使用します。

typedef struct _TEMP_INFO {

   size_t cbSize;

   LPCWSTR pszTempText;

   LPCWSTR pszTitle;

   LPCWSTR pszIconPath;

   LPCWSTR pszConfig;

   POINT_PTR ptInitialCaret;

   UINT nID;

   UINT nEncoding;

   UINT nFlags;

} TEMP_INFO;

フィールド

cbSize

このデータ構造体のバイトのサイズ。EE_EDIT_TEMP メッセージを送る前にこのメンバーを sizeof( TEMP_INFO ) に設定します。

pszTempText

新規文書として開きたいメモリーの一時テキストを指定します。

pszTitle

新規文書のタイトルを指定します。

pszIconPath

新規文書として使用したいアイコンのパスとファイル名を指定します。

pszConfig

新規文書が使用すべき構成の名前を指定します。

ptInitialCaret

初期のカーソル位置を指定します。

nID

アクティブ化または一時テキストを閉じたいときの ID を指定します。

nEncoding

ファイルのエンコードを指定します。

nFlags

下記の中から一つを指定します。

TEMP_INFO_OPEN

nID が0 の場合、一時テキストを開きます。nID が 0 でない場合、存在する一時テキストをアクティブ化します。

TEMP_INFO_CLOSE

nID に指定された一時テキストを閉じます。

TEMP_INFO_SAVE

nID に指定された一時テキストを保存します。

バージョン

Version 9.00 以上で利用できます。

Copyright © 2003-2016 by Emurasoft, Inc.